記事広告をヒットさせるためのポイントはありますか?

Q:
記事をヒットさせるためのポイントはあるのでしょうか?

A:
逆の発想で、「どういう記事が当たらないのか」という分析を、過去のデータから行うことができます。まず、「すでに読み手が知っている情報ばかり」だと、読み手にとっては得るものがなく時間の無駄となってしまいます。でも、すでに世に出ている情報でも、これまでの情報の出し方や露出の仕方が甘かったり足りなかったりして、届くべきはずのところに届いていないのであれば、ヒットする余地があります。また、「すでに情報としては出ているけど記事がヒットしなかった」という過去事例がある場合は、失敗例の切り口やタイトルから分析ができるので有利です。

Q:
商品以外のものに焦点を当てたり、企業ブランディングで記事広告を使うことは可能ですか?

A:
基本的にどの会社でも可能です。それぞれの人にそれぞれの人生があります。「つまらない人生」を歩んでいる人なんていません。会社の数だけ、面白い「プロジェクトX」があるはずで、担当者ごとに「情熱大陸」があります。

商品を作るためには山のようにプランがあり、そこでもまれて残ったものがプロトタイプとなり、プロトタイプから製品に移行するにつれて削らざるを得なかったものがあり……という全てが「物語」です。商品を買う人は、この「物語」を知りたいと思っていて、物語によってモノの価値は変わります。道ばたに落ちている石でも、「実はこれはダイヤの原石です。なぜならここを見ればわかる」というようにして真の価値を見抜く方法を説明されると、当然、本当の価値に気付くことができるので、価値自体が全く変わっていきます。GIGAZINEはこういう「企業を外から見てストーリーテリングする」ということを得意としています。

A:
逆の発想で、「どういう記事が当たらないのか」という分析を、過去のデータから行うことができます。まず、「すでに読み手が知っている情報ばかり」だと、読み手にとっては得るものがなく時間の無駄となってしまいます。でも、すでに世に出ている情報でも、これまでの情報の出し方や露出の仕方が甘かったり足りなかったりして、届くべきはずのところに届いていないのであれば、ヒットする余地があります。また、「すでに情報としては出ているけど記事がヒットしなかった」という過去事例がある場合は、失敗例の切り口やタイトルから分析ができるので有利です。

Q:
商品以外のものに焦点を当てたり、企業ブランディングで記事広告を使うことは可能ですか?

A:
基本的にどの会社でも可能です。それぞれの人にそれぞれの人生があります。「つまらない人生」を歩んでいる人なんていません。会社の数だけ、面白い「プロジェクトX」があるはずで、担当者ごとに「情熱大陸」があります。

商品を作るためには山のようにプランがあり、そこでもまれて残ったものがプロトタイプとなり、プロトタイプから製品に移行するにつれて削らざるを得なかったものがあり……という全てが「物語」です。商品を買う人は、この「物語」を知りたいと思っていて、物語によってモノの価値は変わります。道ばたに落ちている石でも、「実はこれはダイヤの原石です。なぜならここを見ればわかる」というようにして真の価値を見抜く方法を説明されると、当然、本当の価値に気付くことができるので、価値自体が全く変わっていきます。GIGAZINEはこういう「企業を外から見てストーリーテリングする」ということを得意としています。