サードパーティーCookieとファーストパーティーCookieの違いは何ですか?

Cookieのうち、ユーザーが訪れたウェブサイトのドメインから直接発行されるCookieのことをファーストパーティーCookie、それ以外のドメインから発行されるCookieをサードパーティーCookieといいます。

Cookieとは何か?ということはここを読めばわかりま

たとえば「abcdefg.com」というウェブサイトにユーザーが訪れて広告をクリックした時、そのウェブサイトに第三者の「xyz.com」というドメインが存在した場合、ユーザーにはabcdefg.comからのファーストパーティーCookieとxyz.comからのサードパーティーCookieが付与されます。

このファーストパーティーCookieは、ユーザーがウェブサイトを離れた後の行動を追跡することはできず、デバイスやブラウザが異なると別のユーザーと認識されます。一方でサードパーティーCookieはサイトのドメインを横断してユーザーを追跡でき、ユーザーの行動や興味・関心を細かく把握することが可能です。

ただし、近年はサードパーティーCookieを取り締まる方向にあり、Apple製ブラウザのSafariでは既にサードパーティーCookieがブロックされています。また、Google Chromeでも2022年までにサードパーティーCookieのサポートが廃止される予定です

また、ウェブサイトの中には「ファーストパーティートラッカーを装ったサードパーティートラッカー」を利用していてるところも報告されている一方で、サードパーティーCookieなしで独自のシステムを構築し、高い精度のターゲティング広告を可能にしたと報告する企業もあります。

サードパーティーCookieなしで高効率のターゲティング広告が配信できたとニューヨーク・タイムズが報告 – GIGAZINE

・関連記事

Googleはどのような「Cookieなしの広告システム」を作ろうとしているのか? | GIGAZINE.BIZ

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから