ネイティブ広告とは何ですか?

ネイティブ広告は、プラットフォームの通常コンテンツと一致する形、あるいは違和感のない状態で表示される広告のことを言います。

ネイティブ広告という言葉は2011年に実業家のフレッド・ウィルソン氏が初めて使ったと言われていますが、概念自体は18世紀から存在し、インターネット登場前の雑誌・ラジオ・テレビなどにも存在しました。

21世紀になりインターネットが出現し、情報がウェブサイトやメディアという形で細分化されると、ブランドはメディアを通じてターゲット顧客に照準を合わせて広告を表示することが可能になり、ネイティブ広告の人気が高まりました。

デジタルプラットフォームにおけるネイティブ広告について、オンライン広告における技術的標準規格を策定するInteractive Advertising Bureau(IAB)は「ページのコンテンツと密着し、デザインが同化され、ウェブページを見ている人が『サイトの一部だ』と感じるようにプラットフォームと一貫性を持たせた有料コンテンツ」としています。2000年代のアメリカでは、BuzzFeed・Mashable・Forbesといったニュースメディアがこのようなネイティブ広告を多く取り入れた戦略を実施し、大きく成長を遂げたとされています。

・関連記事
記事広告とは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

興味関心連動型広告とは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

プログラマティック広告とは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

コンテンツターゲット広告とは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

ターゲティング広告とは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

バナー広告とは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

リスティング広告とは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから