GDPRとは何ですか?

GDPRは2016年に制定された「EU一般データ保護規則(General Data Protection Regulation)」の略称です。

GDPRは、テクノロジーの進化とともに生活の中のあらゆるものがインターネットに接続されることとなり、個人情報保護の必要性が高まったことで導入された、個人データ保護の規制です。EU圏内で施行された法律ですが、EU圏外へのデータの移転についても定められており、EU加盟国以外にも影響が及びます。

GDPRの基本原則は以下5つとなっています。

EUの新データ保護規則「GDPR」の発効でウェブサイト所有者が採るべき大きな変更とは? – GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180410-publisher-change-for-gdpr/

1:個人データの収集・保持は、すべてユーザーの「同意」に基づく必要がある

2:提供される特定サービスに関連した、必要かつ適切な情報だけ収集できる

3:収集・保持するデータへの透明性を持つ

4:ユーザーには「忘れられる権利(データを削除させる権利)」がある

5:IPアドレスも個人情報とみなす

サードパーティーCookieの取り締まり強化や、AppleのIDFA廃止といった動きは、GDPRの制定によって加速しました。

また、GDPRの制定・施行によって、GoogleがGDPR違反で60億円以上の罰金を科せられたほか、Facebookがヨーロッパから撤退する可能性も出てきています。

・関連記事
サードパーティーCookieとファーストパーティーCookieの違いは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

Googleはどのような「Cookieなしの広告システム」を作ろうとしているのか? | GIGAZINE.BIZ

プライバシーサンドボックスとは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

SKAdNetworkとは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから