リテンション、リテンション率とは何ですか?

リテンション(Retention)は直訳すると「維持」を意味する言葉です。

マーケティングの分野では、顧客との関係を維持していくことを「リテンション」、顧客との安定した関係を保つためのマーケティングを「リテンション・マーケティング」と呼びます。

また、特にデジタルマーケティングの分野では「既存顧客維持率」という意味で「リテンション率」という言葉が使われます。

リテンション率は、サブスクリプションサービスのような、ユーザーが繰り返し購入を行う製品において、重要な成功指標となります。

冷蔵庫やテレビのように、顧客が一度購入すると、その後に頻繁な購入がない製品では、リテンション率は成功指標として重要ではありません。

一方で、製品の購入にサブスクリプションサービスを付随させたり、保証といった継続的なサービスも提供している場合は、リテンション率が重要になります。

リテンション率を求めるには、以下の3つのデータが必要です。

【1】.測定期間の開始時に存在する顧客の数

【2】.測定期間中に登録した新規顧客の数

【3】.測定期間の終了時に存在する顧客の数

上記を用いたリテンション率の計算式は以下の通りです。

リテンション率=((【3】-【2】)/【1】)×100

例えば測定開始時に100人の顧客が存在し、期間中に25人の新規顧客を得て、終了時の顧客数が110人の場合、リテンション率は((110-25)/100)×100で、リテンション率は85%となります。

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから