記事広告の特長・目的・デメリット・メリットについて徹底的に解説

GIGAZINEを使って

商品を「本当に求める人」に

届ける方法

・目次
◆記事広告の特長と目的
◆記事広告のデメリットとメリット
◆デメリットを排除したGIGAZINEの記事広告4種類

◆記事広告の特長と目的

GIGAZINEの記事広告は端的に言うと「メディアが第三者の視点で製品について書いた『記事』という形の広告」です。メディアと「タイアップ(協力・提携)」するという意味で、タイアップ広告とも呼ばれます。

デジタル広告というとバナー広告が有名ですが、近年のインターネットではバナー広告を嫌ってクリックしない人が増加しています。また、広告ブロック機能を使ってそもそもバナー広告を表示させない人も増加しています。そんな中で効果的な広告キャンペーンを実施するには「広告とは思えないほど読者になじんでいく広告」「自然とみんなに読まれ誰もが得をする広告」「信用も信頼もアップし続けていく広告」「質もレベルも高いプロフェッショナルな広告」を作成する必要があります。

このような経緯から、既存のバナー広告ではなく、メインコンテンツの中心に配置するネイティブ広告が人気を集めています。記事広告はネイティブ広告の1つにあたります。

GIGAZINEの記事広告は以下のように、メディアの中の記事の1つとして表示されます。広告としてではなく、1つの記事としてユーザーの目に入るので、本来であれば広告が届きにくいユーザーに対してもリーチすることが可能です。

◆記事広告のデメリットとメリット

一般的にいわれている記事広告のデメリット・メリットは以下の通り

デメリット


・広告出稿料金が高額
記事広告は出稿するのに数十万~数百万円かかるケースが多いため、価格の低い商品では費用の回収が難しいといわれています。

・広告掲載までに時間がかかる
一般的に記事広告は草稿が完成するまでに10日、最終稿が完成するまでにさらに10日かかるケースが多く、発注から掲載までに1カ月以上かかることも。

・掲載メディアとのやり取りや原稿チェックに手間がかかる
多くの場合、記事広告を掲載するためには、事前打ち合わせ・商品やインタビュー対象の写真の準備・必要資料の準備・草稿のチェック・最終稿のチェックなどが必要になります。

メリット


・第三者の客観的な視点で商品の深い情報を伝えられる
記事広告の最大の特長は、「製品を販売するメーカーやブランドが発信する情報」ではなく、「第三者の目を通した客観的な情報」を潜在的ユーザーに届けることができることです。

製品やサービス、お店などを選ぶ際に、人はブランドやメーカーが発信する情報以上に「口コミ」などの第三者からの評価を重視します。信用のあるメディアから「実際に使ってみた」というユーザー目線の情報が発信されることで、潜在的ユーザーは、購入を決断するための「気になるポイント」について知ることができ、また購入までの障壁となる「購入することへの不安」が払拭されます。

加えて、単純に、数千~数万文字に至る文章のほか、写真・動画などをふんだんに使えるため、伝達できる情報量が非常に多くなります。

・メディアのブランド力・影響力・信用力を利用できる
記事広告を掲載するメディアが多くのユーザーを抱えており、知名度が高いほど、その知名度とユーザー数を利用して影響力のある広告を打つことができます。また、信用のあるメディアを利用すれば、知名度の低い製品でもその信用で裏付けることが可能です。

・Googleなどの検索から定期的な自然流入が発生する
記事広告が「掲載期間が限定されている」ものか、「掲載期間が無期限」なのかも、出稿を決める上での大きなポイント。掲載期間が無期限のものはインターネット上に残り続けるため、検索エンジンからの評価が高いメディアであれば、オーガニック検索からの定期的な流入を十分に狙えます。

・「特長を伝えるのが難しい商品」でも情報を伝えられる
豊富な写真と動画、そして記者による客観的かつ公平な一人称視点の解説により、その特長を最大限に伝えきることができます。

・伝えるのが難しい「競合製品との違い」を伝えられる
記事広告は製品の背後にあるこだわり・工夫といった「ストーリー」を掘り下げることで真の価値はどこにあるのかを理解してもらうことが可能です。このため価格や見た目といった分かりやすい差異がなくとも、競合製品との違いをしっかりと伝えることができます。

◆デメリットを排除したGIGAZINEの記事広告4種類

(1)レビュー記事
製品を記者に使ってもらい、記者が1人称視点で製品の解説を行う記事が「レビュー記事」にあたります。

バナー広告であれば画像単体でしか製品について訴求できないところ、レビュー記事は製品がどんなものなのか、どういう点で優れていて、どういう人に向いているのかという、潜在的ユーザーが気になる「実際のところどうなの?」を掘ってもらえるため、製品への理解を深め、購入への不安を払拭することが可能です。また、1人称視点で書かれるため、共感を得やすく、実際の製品を手にしているところをユーザーにイメージしてもらいやすくなるという特長を持ちます。

まだ知られていない新しい商品をリリースする際や、「定番商品だけど今イチ認知・理解されていない」という時にオススメです。

レビュー記事の事例は以下から確認できます。


(2)インタビュー記事
作り手・開発者・創業者・運営者などにインタビューを実施して内容をまとめたものが「インタビュー記事」です。

製品やブランドに対して愛着を持ってもらうためには、製品だけでなく、その背後にある「物語」を潜在的ユーザーに対して訴える必要があります。「こういうこだわり、工夫があるのだ」とユーザーから見えるようになると、愛着を持ってもらえ、ユーザーが製品を2度、3度と繰り返し購入するようになります。

このような物語を届けることはバナー広告では難しく、じっくりと作り手・開発者・創業者・運営者などにインタビューして物語を紡ぎ出せるという点は、記事広告の得意とする分野です。

またインタビュー対象によって製品のブランディングのほか、信用を上げたり、認知を拡大したり、高いコンバージョンを実現することも可能です。

インタビュー記事の事例は以下から確認できます。


(3)現地取材記事
これも、インタビュー記事と同様にバナー広告では表現が難しい「物語を伝えること」、すなわちストーリーテリングを得意とする記事です。

製品の背後にあるセキュリティ・信用・こだわり・工夫などは限られた広告枠の中では訴えることが難しいもの。しかし、「実際にこのような人々が、このように製品を支えている」と現地取材の様子を公開することで、既存のバナー広告では伝わらない点を効果的に伝えることができます。また信用のあるメディアが記事を公開することで、その効果はさらに高まります。

取材記事の事例は以下から確認できます。


(4)キャンペーン記事
セールやキャンペーンを実施する際に、影響力の大きなメディアに記事広告を掲載すれば、キャンペーンの効果を倍増させることができます。またキャンペーンは期間限定であっても、既に検索回数の多いキーワードや、これから検索が増加しそうなキーワードを使ってSEOに配慮すれば、キャンペーン期間が終了しても検索からの流入が望めます。

キャンペーン記事の事例は以下から確認できます。

なお、上記にある「記事広告のメリット」を最大限に活用して、「記事広告のデメリット」を全て排除したのがGIGAZINE記事広告

ニュースサイトであり、「世界で最も影響力のある50のブログ」に選ばれたGIGAZINEは、広告も記事と同じく、質の高い「コンテンツ」であるべきだ、と定義づけています。

「完全おまかせコース」では低価格&発注するだけでほぼ自動的に記事が掲載され、「特急コース」であれば発注から10営業日以内に記事を掲載することも可能です。

GIGAZINE.BIZ | IT系ニュースサイトGIGAZINEの広告掲載のご案内。

また、詳細なプラン内容は価格の資料は、以下からご請求いただけます。

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック