カテゴリーアーカイブ: ネットサービス

Google検索11月のコアアップデートではどのような変化が見られたのか?

Googleは年に数回、Google検索のアルゴリズムとシステムに大きな変更を及ぼす「コアアップデート」を実施しています。2021年11月17日にもコアアップデートが発表されており、アップデートから1週間が経過した時点でデータ分析会社が観察した大きな打撃と変化についての報告が公開されています。

Google’s November 2021 core update hit fast and hard; here is what the data providers saw
https://searchengineland.com/googles-november-2021-core-update-hit-fast-and-hard-here-is-what-the-data-providers-saw-376312

2021年11月17日、GoogleはGoogle検索の最新コアアップデートについて発表しました。

Googleは「まだ全てのアップデートが完了したわけではない」と述べていますが、これまでのところ、2021年7月に行われたアップデートよりも影響は大きいとみられています。

まず、マーケティングツールを提供するSemrushによる、検索結果の変動性トラッカーは、18日にかなり大きな変動性を見せたあと、急速に安定しました。2021年7月のコアアップデートでも「大きな変動性が見られた後に落ち着く」という流れでしたが、今回は変動性が落ち着くまでの時間がかなり短かったとのこと。

以下は各カテゴリにおける変動性について示したグラフ。紫のグラフが7月のコアアップデート、黄色のグラフが11月のコアアップデートについて示しています。「Real Estate(不動産)」については7月のコアアップデートの方が変動性が大きいですが、そのほかについては軒並み11月のコアアップデートの方が大きく出ています。特に「Health(健康)」関連は検索結果が大きく変化した可能性があります。

Semrushは、11月のアップデートによって、検索結果上位20位のうち16%が新たにリストアップされるようになったことを示しています。逆にいうと、これまで検索結果上位20位にランクインしていた16%は、21位以下に落ちたことになります。また同社は、特にモバイルでの変動性が大きかったとも述べています。

一方、SEOツールを提供するRankRangerは、「2021年11月のコアアップデートの変動性は7月のコアアップデートと同レベルのもの」との見解を示しました。ただし検索結果を上位3位・上位5位・上位10位にわけた時、「上位5位」における11月の検索結果(オレンジのグラフ)は7月(青のグラフ)よりも大きく変化している可能性があるとのこと。

またカテゴリを「健康(黄緑)」「金融(青)」「小売(黄色)」「旅行(緑)」で分けると、上位10位という区切りではカテゴリの差がないものの、上位3位と上位5位については「小売」の変動性が大きいという結果に。

SEOツールを提供するSISTRIXは、11月のコアアップデートにおける勝者と敗者トップ20のデータを公開。まず「勝者」トップ20のリストには、Wikipedia・IMDB・コリンズ英語辞典・ケンブリッジ辞書・Amazon・Urban Dictionary・ブリタニカ百科事典・ウォルマート・Etsyなど、辞書サイトやショッピングサイトが多く並んでいます。

一方で敗者トップ20には、Pinterest・フォーブス・ロイター・YouTube・APニュース・LinkedIn・Instagram・CNNなど、ニュースやソーシャルネットワークのドメインが並んでいます。

seoClarityは、eコマースのうちWayfairとeBayは大幅にランキング順位が下落したものの、その後、跳ね上がりがあったと報告しています。とは言え、グラフを見るとコアアップデート前の16日に比べてランキングが下降傾向にあるのは確かなようです。

アメリカのスーパーマーケットチェーン大手のWalmartとHomeDepotについては検索結果上位3位に表示されるキーワードがそれぞれ10%・19%増加。雑貨小売店チェーンのベッド・バス・アンド・ビヨンドはGoogle検索結果上位3位にランクインするキーワードが45%増加と、小売関係がランキングの上昇をみせています。一方で靴を販売している小売業者はランキング順位を落とす傾向にあったそうです。小売以外の分野では、seoClairtyデータセットにおいてBooking.comの検索結果に大きな改善がみられたとのこと。

Googleはウェブサイト管理者に対し、「コアアップデートでランキングの順位が下がったからと言って、そのページに修正すべき問題があるわけではない」と説明しています。これと併せて、Googleは検索順位がコンテンツの品質に基づいて決まるため、「優れたコンテンツを提供すること」に集中することを推奨しています。

Google のコア アップデートについてサイト所有者が知っておくべきこと  |  Google 検索セントラル ブログ
https://developers.google.com/search/blog/2019/08/core-updates

なお、Google検索に依存せずに製品をより多くのユーザーにアプローチしていきたい!という場合は、月間600万以上のユーザーに対して「その商品の何がすごいのか?」を伝えることができるGIGAZINE記事広告がおすすめです。

記事広告の特長・目的・デメリット・メリットについて徹底的に解説 | GIGAZINE.BIZ

以下の記事広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

「子ども向けコンテンツ」が新規顧客獲得のキラーコンテンツになっている

ストリーミングサービスにおける「子ども向けコンテンツ」はかねてから「親がサービス解約を留まる要因」になると言われてきましたが、最新の調査では、新規ユーザーを増加させる重要な推進力となっていることが判明しています。

Kids content is crushing it on TV and streaming – Axios
https://www.axios.com/kids-content-netflix-youtube-ratings-53db5480-6036-415b-9a0a-46f9249d49e9.html

海外ニュースメディアのAxiosによると、バイアコムCBSのCEOであるBob Bakish氏は2021年11月に行われた決算報告で、「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」や「パウ・パトロール」といった子ども向けコンテンツが、エンゲージメントの面でも新規獲得の面でもParamount+のトップ成績のジャンルとなったことを述べたとのこと。同様の傾向はバイアコムCBS以外の企業でも見られるため、子ども向けコンテンツ、特にYouTubeを利用して子ども向けコンテンツを配信する企業に対して投資家の目が向けられています。

例えば、デジタルメディアスタジオのpocket.watchもその1つ。2016年に創設されたpocket.watchは、子ども向けコンテンツをグローバル向けにフランチャイズ展開させることに特化しています。

pocket.watchのデジタル・フランチャイズは、インターネット上の子ども向けコンテンツにおいて「最も収益性の高い知的財産」と言われています。例えば子ども向けYouTubeチャンネルのライアンズ・ワールドはpocket.watchとの契約を経て「Ryan’s World」としてブランド化し、ライセンス販売によって国際展開することで2020年に2億5000万ドル(約2800億円)以上の売り上げを生み出しました。また、ウクライナの7歳の少女が配信するKids Diana Showはチャンネル登録者が8250万人という「世界で最も登録されているチャンネル」ですが、2020年にKids Diana Showもpocket.watchと契約を結び、ブランドを世界展開させています。

pocket.watchはパンデミック下で大きく成長したことから、2021年10月に事業売却を含めた資金調達の可能性を探って投資会社のLazardを雇ったことが報じられています。同社は2018年にシリーズBラウンドでバイアコムCBSから1500万ドル(約17億円)を調達したことで、調達総額が2100万ドル(約24億円)に達しました。

また、YouTubeチャンネル「ココメロン」の知的財産を所有するメディア企業・Moonbug Entertainmentは、2021年11月4日に元ディズニー幹部のケビン・メイヤー氏とトーマス・スタッグス氏が立ち上げたメディアベンチャーに30億ドル(約3400億円)で買収されました。ここからも、ストリーミング市場において子ども向けの番組を制作するデジタルコンテンツスタジオが重視されることが読み取れます。

動画コンテンツの需要を測定するParrot Analyticsによると、2021年10月は全てのストリーミングプラットフォームの上位15番組のうち3番組が子ども向け番組だったとのことです。

なお、リリースした子ども向けコンテンツや子ども向け製品の認知拡大には、GIGAZINE記事広告も利用可能。GIGAZINE記事広告の読者層についてはここから確認可能で、詳しい資料は以下からゲットできます。

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

Facebookは「もうFacebookを使っていない人」のデータを広告配信に利用しているという指摘

Appleがプライバシー保護機能・App Tracking Transparencyを実装してから、Facebookのターゲティング広告には混乱が生じていることが報告されています。これに加え、Facebookのターゲティング広告が「すでにFacebookを使っていない人の個人情報を利用している」ことを疑問視する声があがっています。

Facebook collecting people’s data even when accounts are deactivated
https://digiday.com/media/why-facebook-keeps-collecting-peoples-data-and-building-their-profiles-even-when-their-accounts-are-deactivated/

Facebookユーザーはアカウントを削除したいと思っても、Facebookアカウントを他のサービス認証に利用しているという理由から、アカウント削除に踏み切れない時があります。このような場合のために、Facebookは「他人からユーザーのプロフィールは見えなくなるが、アカウントは残ったまま」という「利用解除」という機能を提供しています。利用解除はいわばアカウントの一時停止であり、ユーザーはいつでも利用を再開できるというものです。

ユーザーから見ればアカウント削除も利用解除も似た選択肢ですが、Facebookにとってこの2つは天と地ほど違います。アカウント削除の場合、ユーザーのプロファイルも削除されるためFacebookは広告配信にユーザーデータを利用できなくなりますが、利用解除の場合はユーザーの興味・関心・購入履歴・その他のやりとりといった個人情報が引き続きFacebookに収集され続けます。

Facebookは利用解除されているアカウントの情報を「Off-Facebook Activity(Facebook外のアクティビティ)」情報として広告パートナーから収集しています。この中には、サードパーティーのアプリやウェブサイトによって収集された、ユーザーによるウェブサイトの登録・商品購入・サブスクリプションの加入といった情報が含まれます。

ユーザーはOff-Facebook Activityにおける情報収集をある程度コントロールできるようになっているため、利用解除する前に設定からFacebookによる情報収集を制限することは可能です。しかし、そもそもOff-Facebook Activityのコントロール機能が登場する2020年1月以前に利用解除した人は、アクティブアカウントと同様のデータ収集が行なわれ続けています。これは、Facebookのデータポリシー上、アクティブアカウントと利用解除されたアカウントの取扱いが同じであるためです。

Facebookの広告事業はターゲティング広告を中心に回っています。Facebookがターゲティングに利用するアルゴリズムは「類似する人の行動から学習する」という仕組みのため、非アクティブではないアカウントであっても情報が追加されれば広告精度が増すという大きなメリットがあるとのこと。

しかし、情報を提供する側である広告パートナーは、いつ・どのように利用解除されたアカウントの情報が提供されているのかを知ることができません。また広告主は広告を出稿する際、「Facebook側が持っているオーディエンス情報」と「自社が持つユーザーデータ」を合致させるようにターゲットオーディエンスを定めますが、Facebook側が持つ情報のうち利用解除されたアカウントがどのくらい含まれるかは示されないとのこと。このため、利用解除されたアカウントにターゲットを定めてしまい、広告予算を無駄にするという可能性も否定できません。ただし、Facebookが提供する「推定オーディエンス数」は「過去30日間に広告を表示したユーザー」をもとに計算されるため、利用解除されたアカウントは含まれないとFacebookは説明しています。

Facebookが利用解除されたアカウントのデータをどのように扱うかは、透明性の欠如が指摘されるところとなっています。また、多くの人はアカウントを利用解除し、そのまま使用再開せずに忘れ去っていきますが、アカウントに含まれる画像・動画・個人情報といったデータの保持期間をFacebookは定めていません。デジタルプライバシーを擁護する電子フロンティア財団のBennett Cyphers氏は、「Facebookアカウントを利用解除した人がデータ収集を望まないことは明らかであり、利用解除されたアカウントに紐付けられたデータ収集は自動的に一時停止されることを検討すべきです」と指摘。ただし、Facebookはこれに関してコメントの提供を拒否しています。

なお、新たな広告配信先を探している場合は、複雑な設定なし&ほぼ「発注するだけ」でコンテンツ作成のプロが記事広告を作成してくれて、長期的な広告効果も期待できるGIGAZINE記事広告という手段もあります。

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

「SaaSスタートアップを運営すること」は2013年と2021年で何が変わったのか?

ウェブサイトの解析ツールを提供する「Heap」の共同設立者であるラヴィ・パリク氏は2020年にHeapを退職し、2021年新たに開発者向けプラットフォーム「Airplane」を立ち上げました。パリク氏が2013年と2021年という2度のSaaS立ち上げを通して感じた変化や、共通する重要な点をまとめています。

I started SaaS companies in 2013 and 2021. Here’s how things have changed
https://blog.airplane.dev/i-started-a-saas-company-in-2013-and-2021-heres-how-its-changed/

パリク氏が「2013年と2021年のSaaSスタートアップの違い」として挙げているのは以下の7点。

◆1:これまで以上にSaaSが増加し、成長速度も速くなっている
Heapが起業した2013年において、100億ドル(約1兆1000億円)の価値を持つスタンド・アローンのSaaS企業はSalesforceServiceNowWorkdayの3社しかありませんでした。一方、2021年9月において、100億ドル以上の価値を持つSaaSの公開会社は47社あり、うち6社は1000億ドル以上(約11兆円)の価値を持ちます。

またHeapは製品が動くようになった状態で、シード段階において評価上限額1200万ドル(約12億円)で200万ドル(約2億円)の出資を獲得しました。しかし、今日の状況では、同様の段階おいて評価上限額2500万ドル(約27億円)で500万ドル(5億5000万円)の資金を調達することは珍しくありません。さらに、バーチャルイベントのスタートアップであるHopinは2年で年間経常収益(ARR)が77.5億ドル(約8500億円)にまで到達しており、SaaSスタートアップの成長は加速しているとのこと。

◆2:SaaS企業が増加することで初期のけん引力を得ることが困難に
2013年にHeapがスタートした時、オンライン掲示板のHacker NewsにウェブサイトのURLを投稿するだけで1日3000人以上のアクセスがあった、とパリク氏は述べています。当時、Heapのウェブサイトにはランディングページとデモムービー、「アクセスをリクエストする」というフォームだけでしたが、200万ドルを調達したことを報じるTechCrunchの記事が投稿されると、500人以上が申し込みを行ったそうです。

一方、2021年においては、Hacker Newsや新製品共有のためのプラットフォーム・Product Huntで、毎日何十件とSaaSのリリースが発表されています。また1億ドル(約110億円)の資金を調達するSaaSも珍しくなく、数百万ドルの資金調達を伝える記事が人目を引くことはありません。

Heapが公開されて1年間のマーケティング活動は、Hacker NewsとTechCrunchで十分だったとのこと。しかし、AirplaneはHeapと状況が異なることから、早期に安定した流通を実現するためにより計画的なアプローチを取っているそうです。

◆3:製品を公開するまでの道筋
Heapは数カ月の開発のすえ、辛うじて動作する「必要最低限の機能だけを搭載した製品(MVP)」をリリースしました。しかし、2021年において、多くのスタートアップが製品を公開する前に投資家から資金を調達し、より多機能かつ洗練された製品設計のため他企業と契約を結んでいます。Airplaneの場合はこの中間の進路を取っており、「かなり洗練されているが、機能が限られたMVP」をもって製品を公開したとのこと。

どのようなアプローチがベストなのかは、正解がありません。ただ、製品に関するアイデアがどれだけ考え抜かれていても、「人に製品を使ってもらうこと」によって学べることは多くあります。このためより高度な製品を作るべく他企業と提携するよりも、早期にMVPを公開する方がよいとも考えられます。例えばHeapは当初、「開発者ツール」として作られていましたが、製品を人に使ってもらうことで、「製品マネージャーとの相性がいい」ことが判明しました。「早期に立ち上げて、市場のフィードバックを早くに得られたことはよかった点です」とパリク氏は語ります。

◆4:SaaSがビジネスモデルとして理解されている
2013年において、DropboxGitHubはSaaS企業ではなく、Facebookのような「消費者向けのテクノロジー企業」として認識されていました。また、2021年ではSaaSビジネスがうまくいっているかを測るために使われる売上継続率(NRR)の価値を理解する投資家も、当時はほとんどいなかったとのこと。このため「成長率は大きいが解約率も高い企業」が高額の出資を受けることもあったそうです。加えて、「SaaSの経験が豊富な役員」は存在せず、BtoCのマーケティング担当副社長やエンジニアリング担当副社長の経歴を持つ人物が代わりとして選ばれていたとパリク氏は述べています。

2021年時点では、SaaSはより成熟した市場となり、SaaSへの出資に熟達した投資家や、役員、アドバイザーなどが多く存在します。このため、サービスを開始したばかりの規模の小さなSasSでも、将来的な予想が付きやすいという点はメリットとして挙げられています。

◆5:SaaSは顧客にも理解されている
2013年、スタートアップであれば「SaaSを利用する」ということに慣れてきていましたが、スタートアップ以外の伝統的な企業はSaaSに慣れていませんでした。このためパリク氏は潜在的顧客に対して「Heapはインストールする必要がない」「CDなどを送ることもない」ということを説明するのにも苦労したそうです。

今日、このような懸念はほとんどなくなりました。セキュリティ関連の質問を受けたり、ベンダー評価に時間をとられることはありますが、SaaSがどのように機能しどのような潜在的リスクがあるかということは、よく理解されているように感じるとパリク氏は述べています。

◆6:「成功するためには大企業に製品を売る必要がある」わけではなくなった
Salesforce、ServiceNow、WorkdayといったSaaSは、主に大企業向けに製品を販売することで収益を得ています。これまでSaaSの成功までの道のりは、このように「中小企業向けの製品から初めて、大企業向けに展開する」という「アップマーケット」のアプローチが一般的でした。Heapも小規模なスタートアップ向け製品から始め、一般的な方法にのっとりアップマーケットのアプローチを試みたそうです。

ただしHeapの場合、結果は「まちまち」だとパリク氏。Heapは最終的に中小企業と大企業を顧客に持つようになりましたが、アップマーケットのアプローチによって、それまでに獲得した口コミや個人向けサービスの顧客を制限することにもなったとのこと。「思い返すと、全てのタイプの顧客に対応するために、価格設定と市場投入をセグメント化することについて、十分な仕事をやっていませんでした」とパリク氏は振り返ります。Slackのようなサービスがサイドプロジェクト向け・大企業向けのサービス展開で成功していることを受けて、「もし2021年にHeapをリリースするなら、より賢明な成長アプローチを取るでしょう」とパリク氏は述べています。

◆7:重要なことに集中することが簡単になった
国をまたいだ給与の支払いはかつて複雑なものでしたが、DeelのようなSaaSが現れることによって国内での給与支払いと同じように簡単になりました。このように、「製品を作る」こと以外に企業が行わなければいけない業務は、他のSaaSで賄うことができるようになっています。パリク氏は8年前、Heapを運営する上で何時間、あるいは何日も弁護士とのやり取りに費やしていましたが、他社のSaaSを利用すればその必要はありません。このため、お金や時間を節約しつつ「本当に重要なこと」に時間や労力を割けるようになったと言えます。

「全体として、2013年とは状況が大きく変わりました。しかし、同じこともあります。製品を市場に適合させることは簡単でも理解しやすいものでもありません。そしてそれこそが、初期段階において唯一の『重要なこと』です」とパリク氏は締めくくっています。

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

「TikTokで人気のコンテンツ」が広告として利用可能になるサービス「Spark Ads」をTikTokが開始

動画共有プラットフォームの「TikTok」が新たに、「プラットフォーム上で既に人気を集めているコンテンツ」をブランドが広告として利用できるサービス「Spark Ads」を提供することが判明しました。

Introducing Spark Ads: An authentic way for brands to elevate native, popular content | TikTok For Business Blog
https://www.tiktok.com/business/en/blog/spark-ads-authentic-way-brands-elevate-native-popular-content

TikTok Launches New ‘Spark’ Ads Which Enabled Brands to Tap into Trending Organic Content | Social Media Today
https://www.socialmediatoday.com/news/tiktok-launches-new-spark-ads-which-enabled-brands-to-tap-into-trending-o/603671/

TikTokにはさまざまな動画が存在し、以下のような「メイクアップ動画」もその1つ。
@monaswain

Love how these drops have been evening out my skin tone! @isleofparadise available now at Sephora #Ad #selfcare #selflove

♬ Paradise – Nate Kreiswirth

例えば化粧品ブランドがSpark Adsを使うと、インフルエンサーによって投稿されたこのようなオーガニックの投稿のうち、自社が実施するキャンペーンの内容と合致するものをインフィード広告TopViewといった有料キャンペーンのクリップとして再利用可能になります。もちろんインフルエンサーのコンテンツを勝手に利用するのではなく、ブランドがインフルエンサーに連絡を取ったのちに有料キャンペーンへ利用可能になるとのこと。

TikTokは発表の中で、「TikTokは、エンターテイメントを再定義し、トレンドを生み出し、人気のある製品やサービスについての見解を共有するクリエイターによって構成されています。ブランドはこのような多様なコンテンツと創造性の宝庫の世界に足を踏み入れ、製品やサービスを広めるクリエイターたちとつながることができます」と述べています。

Spark AdsはすでにTikTok上で人気を集めているコンテンツを広告として利用するため、リーチを最大化することが可能で、かつSNSに不慣れなマーケターでも効果的なキャンペーンを実施できるという点がメリットと考えられています。またコンテンツを広告として利用する際にブランドは広告ターゲティングツールを使用できるため、ターゲットを絞ることでさらに効果的に広告が実施できます。複数の投稿者のコンテンツを合わせて動画を作成するデュエット機能が利用できることも大きな利点です。

多くのブランドはまだYouTubeやFacebookと比較してTikTokを広告の出稿先としてあまり利用していませんが、TikTokがブランドの広告ツールの1つとなるのは時間の問題だといわれています。TikTokは広告出稿のキャッチコピーを「広告を出さないでください。トレンドを作りましょう」としており、「最も効果的なプロモーションは、ユーザーがフィードで目にしているもの」だという考えを持っています。このためブランドが従来型の広告を独自に作成するのではなく、TikTokのフィードを利用したSpark Adsのような形が最適だと考えられているわけです。

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

44億円の資金調達に成功したeコマース最適化ツール「Teikametrics」とは?

2020年から2021年にかけてデジタル化が大きく進み、オンラインショッピングの需要が増加しました。このような状況の中で、サードパーティーマーケットプレイスによるeコマースビジネスを最適化する「Teikametrics」が約44億円の資金調達に成功したと発表されました。

Taikametrics Raises $40M in Series B Funding | FinSMEs
https://www.finsmes.com/2021/07/taikametrics-raises-40m-in-series-b-funding.html

Teikametrics raises $40M to optimize ecommerce listings | VentureBeat
https://venturebeat.com/2021/07/15/teikametrics-raises-40m-to-optimize-ecommerce-listings/

2021年7月15日にeコマースビジネスを最適化するTeikametricsが、Intel Capital・GoDaddy・Centana Growth Partners・Jump Capital・Granite Point CapitalおよびSoftBank Vision Fund代表のLydia Jett氏らからシリーズBの資金調達において4000万ドル(約44億円)を得たと発表されました。

Teikametricsは、サードパーティーのマーケットプレイスで販売を行うブランドや小売業者の売上を最適化するツールを、SaaSとして提供しています。TeikametricsはAIを利用することで、製品の目標にあった広告キャンペーンを作成可能にし、理想的なディスプレイ広告の入札額を見定め、製品の売上を伸ばす検索キーワードの調整を行うとのこと。このとき、システムは自動でパフォーマンスを損なうキーワードを排除しつつ、コンバージョンを増やすキーワードを捕捉していき、目標までの進捗・収益性・必要な製品の組みあわせ・キャンペーンといった内容を追跡します。

具体的にTeikametricsが示すサービスの内容は以下の通り。

・広告最適化:
アルゴリズム入札とキーワード自動化による目標指向のキャンペーンで戦略的に需要を増加させる。
・マーケット・インテリジェンス:
AIを使った分析で売り上げと収益性を最適化し、ランキングを底上げしオーガニックの流入を増加させるとともに、さらなるビジネス最適化のためのデータを得る。
・優先的融資
ブランドの成長に必要な資金を得るための投資家へのアクセスを最適な利率とともに提供。
・在庫の最適化:
AIを使って取り残された在庫を追跡し、将来のニーズを予測、サプライチェーンのリードタイムを管理して、売上を最大化させるように効率化。これらを行いつつ、投資利益率(ROI)、在庫回転率、販売率といった指標を完全に可視化する。
・複数マーケットプレイスの最適化
1つのプラットフォーム上で、複数のマーケットプレイスにわたる在庫管理・広告作成を実施。それぞれのパフォーマンスをシームレスで確認可能にし、全体のパフォーマンスと戦略を最適化する。

これがTeikametricsのダッシュボード。

Teikametricsは、2001年にハーバード大学の寮内でeコマースビジネスを開始し、「Amazonのサードパーティーの売り手として最初に売り上げ100万ドルに達した人物の1人」であるというAlasdair McLean-Foreman氏によって2015年に創業されました。「Teikametricsのビジョンは、Amazonビジネスで成功した私の経験をもとに、データ・AI・専門知識を組み合わせることにあります」とMcLean-Foreman氏は述べています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、世界的にデジタル化が進み、オンラインショッピングサイトの需要も急増しました。Amazonのマーケットプレイスは2021年第1四半期に60%の成長を記録しており、ウォルマートのマーケットプレイスも2022年までに146%の成長があるものと考えられています。eコマースのプラットフォームのユーザーが増加するにつれ、Teikametricsのようなサービスの需要も上がっていくものとみられます。

なお、eコマース製品の広告にはプログラマティック広告だけでなく、「理解を伴う認知」を得るための記事広告も有効です。

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

Facebookのメディア監査が延期に、実は監査の契約書も結ばれていなかったことが判明

Facebookが2021年6月末までに行われるはずだったメディア監査を延期したことが判明しました。また、実は監査を行う非営利組織とFacebookの間で、監査の契約書が結ばれていなかったことも明らかになっています。

Facebook delays its brand safety audit a year after ad boycott raged
https://digiday.com/marketing/facebook-delays-its-brand-safety-audit-a-year-after-ad-boycott-raged/

Facebookは2020年にトランプ大統領の暴力を示唆する投稿にラベル付けを行わなかったことから、1000社以上による広告のボイコットに合いました。多くの広告主が「自社広告がヘイトスピーチ・ポルノ・誤情報などの近くに配置され、これらを金銭的に支援すること」を懸念したためです。アメリカにはメディアを調査・監査する非営利組織「Media Rating Council(MRC)」が存在し、メディアの運用が業界標準に準拠しているかなどを評価していますが、ボイコットを受けてFacebookは、MRCによる監査を開始すると約束しました。

しかし、ニュースメディアのDigidayが報じるところによると、Facebookは「2021年6月末までに開始する」としていた監査をまだ実施していないことが判明したとのこと。加えて、FacebookとMRCの間では監査に関する正式な契約が結ばれていないこともわかりました。

Facebookは「監査の準備をしている段階」であり、7月中に監査を開始する予定だとFacebookの広報担当者は述べています。一方で、正式な契約書が存在しないこともあり、Facebookが何を準備しているのかは不透明です。MRCの広報担当者は「Facebookが何を準備するかによって最終的な監査範囲は左右されますが、これは実際に彼らと合意が取れれば対処できることです」とコメントしました。

Facebookは7月末までに監査を開始し、2021年末までに終了させると述べています。期限についてMRCは「第4四半期までに評価が行われる可能性はありますが、実際の日付については監査結果に影響する可能性があるため答えることができません」と述べました。

これまで両社のやりとりは非公式なメールのみで行われていますが、その中で監査が「Facebook Audience Networkインスタント記事といったパブリッシャーコンテンツ内に表示される広告がブランドの安全管理をどれくらい受けているか」や、「Facebookのコンテンツマネタイズのポリシーがブランドの安全標準に則しているか」におよぶと言及されているとのこと。ただし、公式な契約書がない以上、評価のプロセスやレベルといった内容は不明であるとDigidayは述べています。

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

TikTokの人気広告枠を使うには2億円以上が必要になる見込み

10代、20代を中心に人気を集めている動画共有サービスの「TikTok」は、今後さらにユーザー数を伸ばす、ポテンシャルの高いプラットフォームだといわれています。匿名筋の情報により、このTikTokで最も人気の高い広告枠の価格が、2021年中に2億円を突破する見込みであることがわかりました。

TikTok Charges Up to $2 Million a Day for Top Advertising Spots – Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-06-10/tiktok-is-jacking-up-prices-as-it-builds-its-ad-business

動画共有プラットフォーム・TikTokの広告ビジネスは過去1年で500%の成長を遂げており、これはユーザー数の増加に伴うものだといわれています。TikTokの1カ月あたりのアクティブユーザー数は、2018年には1100万人程度でしたが、2021年5月にはアメリカで1億人、全世界で7億3200万人を突破。アプリ分析を行うAPP ANNIEは今後ユーザー数が数十億人にまで伸びると予測しています

ユーザー数が増加することで、TikTokの広告枠の価値も上がっています。海外ニュースメディアのBloombergによると、2021年第3四半期にTikTokは最も価値の高い広告枠の価格を140万ドル(約1億5300万円)にする予定だと判明しました。また第4四半期にはこの価格は平日が180万ドル(約1億9700万円)、祝日の場合には200万ドル(約2億1900万円)となるとのこと。

TikTokにおいて最も価値の高い広告枠は、「トップビュー」と呼ばれ、ユーザーがアプリを起動して「For You」ページに移動した時に最初に表示される画面に位置するもの。トップビューの広告は1億900万インプレッションが見込めると考えられてます。

TikTokは無料アプリであるため、その収益は広告事業によるものです。ブランドや広告主がよく利用するプラットフォームにYouTubeがあり、TikTokはまだ広告を掲載する媒体としてYouTubeほど利用されていません。しかし広告代理店・ GroupMのBrian Wiese氏は「TikTokがYouTubeのように広告主の選択肢の1つとなるのは時間の問題だ」と述べています。YouTube、Instagram、Snap、Pinterestといったプラットフォームはユーザー数の増加と比例して広告売上げが伸びており、TikTokもこれらと同様の道筋をたどると見られています。

GroupMの予測では、2021年に広告市場は15%の成長があるとのこと。TikTokの広告ビジネスはYouTubeやFacebookのように成熟してはいないものの、市場全体の成長の恩恵を受けるはずで、広告枠の値上げも市場の成長を見越してのことだと考えられています。

なお、ユーザーのフィードに掲載する広告は、トップビューほどのインプレッションが見込めないため、価格は半額ほどになる見込み。また3日間にわたって「ハッシュタグチャレンジ」を行うための費用は50万ドル(約5400万円)となっています。

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

Amazonの広告収入はすでにTwitter・Pinterest・Snap・Rokuの収入合計の2倍以上に達している

Amazonの収益は多くが「Amazon.com」の売り上げによるものですが、近年は広告事業が大きな売り上げを伸ばしているとも報告されています。すでに、Amazonの広告売り上げはTwitter・Pinterest・SnapRokuの売り上げ合計の2.4倍になっているとのことです。

Amazon ad revenue now twice as big as Snap, Twitter, Roku and Pinterest combined
https://www.cnbc.com/2021/05/25/amazon-ad-revenue-now-twice-as-big-as-snap-twitter-roku-and-pinterest-combined.html

Amazonは四半期決算報告の中で「Amazon.com」の売り上げのほか、「AWS事業」「その他事業」などの売り上げも発表しています。「その他事業」の詳細は不明ですが、内訳の多くを広告事業が占めていると考えられています。そして、この1年でAmazonの「その他事業」の売り上げが大きく成長しており、第1四半期の売り上げは前年比77%増の69億ドル(約7560億円)に。GoogleやFacebookといった他の広告プラットフォームを追い上げていると報じられています。

デジタル広告への支出は2020年に12%増加、Amazonが怒涛の勢いで成長中 | GIGAZINE.BIZ

新たに投資銀行のLoop Capitalが発表した内容によると、Amazonの広告事業の売り上げは、Twitter・Pinterest・Snap・Rokuの売り上げ合計の2.4倍になるとのこと。

Amazonの広告売り上げ増加は、「Amazon.comのトラフィックの多さ」と「ユーザーデータによって得られた知見を売り手やブランドに提供できること」により、高い広告パフォーマンスを実現したことが理由だとLoop Capitalは述べています。

また、Amazonは2014年にTwitch買収しましたが、これまで、その広告枠は手動で購入する必要がありました。しかし、2020年9月にAmazonは自社のプログラマティック広告プラットフォームでTwitchの広告在庫を購入できるように変更。ネット広告業界団体Interactive Advertising Bureauが開催したイベント・IAB NewFrontsのプレゼンテーションの中で、Amazonは「Twitchなどで流れる広告付きストリーミングコンテンツは、毎月1億2000万人以上に視聴されている」と述べたとのことです。このような広告施策もAmazonの売り上げを増加させている一因だとみられます。

Loop Capitalのアナリストは「Amazonの技術、規模、デバイスリーチ、消費者への接続性といったものを考えると、これら新しい取り組みは比較的短期間で多大な貢献を果たすと考えられます」と述べ、一方で「インターネット規模でのデジタル広告の利益率を考えると、これらは十分に株価に反映されていないと思います」とも指摘しました。

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

Googleがeコマースをさらに強化しSquareやWooCommerceとも提携

GoogleがWooCommerceGoDaddySquareといったサービスとの提携し、eコマース機能を強化することを発表しました。Googleはオンラインショッピングの機能を次々に追加・拡張しており、Google検索やYouTubeといったショッピング以外の体験と、ショッピング体験をシームレスにつなげる試みを展開しています。

Get discovered and build your brand on Google
https://blog.google/products/shopping/gml-2021-build-your-brand/

Google, Shopify (SHOP), Square (SQ) Look to Boost Online Shopping Against Amazon – Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-05-27/google-shopify-extend-ties-in-commerce-blitz-against-amazon

Google Search, Shopping adding ‘deals’ result page – 9to5Google
https://9to5google.com/2021/05/27/google-shopping-deals-page/

Googleは2021年に入ってeコマース強化ツールを次々に発表しており、オンラインショッピングプラットフォーム「Shopify」との提携を明かしています。この提携により、Shopifyでショッピングサイトを持つ人は、Google検索・YouTube・Google画像検索といったプラットフォームの至るところに製品を表示できるようになるとのこと。

Googleがeコマース強化ツールを次々に発表、ショッピングサイト運営者はGoogleのいたるところに製品を表示できるように | GIGAZINE.BIZ

そして5月27日付けで、GoogleはShopifyに加えてWooCommerce、GoDaddy、Squareといったサービスとの提携も発表。これらのサービスを利用するショッピングサイトは、Googleのプラットフォームとの統合が無料かつ容易に行えるようになります。

Googleによると、2020年から「割引コード」というキーワードの検索が50%増加したとのこと。消費者がGoogle検索で「お得な製品」を求める傾向が強くなっていることを受けて、新しい検索結果のページでは、ブランドが行っているセールやプロモーションがより探しやすくなります。例えば「ブラックフライデーセール」と検索すると、「店舗からのセール」というタブを備えたナレッジパネルが表示され、ユーザーがセール中の製品により容易にアクセス可能になります。

「Deals(セール)」という部分をタップすると……

セール商品だけが表示されます。

また、ユーザーアカウントと紐付けて、特定のユーザーだけにセールや特別価格を表示する「ロイヤリティプログラム」もスタートします。

そして過去1年で「店頭受け取り」「近隣で購入」を目的とする検索が増加し、「在庫あり」というキーワードの検索については世界的に前年比800%となりました。このような背景から、Googleでは、検索を行ったユーザーの近くで製品を購入できる店舗の広告が表示されるほか、ユーザーが購入したい製品について、eコマースサイトや近隣店舗を含む全ての購入オプションが1箇所にまとめて表示される機能も開発されました。この新機能はキーワード検索とショッピング機能でテスト中であり、2021年中にはGoogle画像検索やYouTubeでも同様の機能が展開される予定です。

加えて、広告代理店の5WPRが行った調査によると、2020年には消費者の71%が「自分の重視する価値観と一致する企業から商品を買いたいと考えている」ことが示されたとのこと。また、マーケティングツールを開発するPowerReviewsの調査では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック以降、10人中9人が「これまで以上に美容製品をオンラインで購入するようになった」と答えています。これらの調査結果から、ブランドやショップが「オンラインでのショッピング体験を充実させること」がこれまで以上に重要だとGoogleは考えており、ARを使って化粧品を試せるツールや洋服を試着できるツールなどが利用可能になる予定です。

なお、製品の露出を増やすことと共に重要になるのが、製品の「ストーリー」を示して顧客の共感を得ることや、ブランディングです。GIGAZINEではストーリーテリングに焦点を当てた記事広告を掲載しており、以下から資料を取り寄せることが可能です。

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

« 過去の記事