カテゴリーアーカイブ: ネットサービス

Amazonの検索結果で製品を上位に表示させる戦略を立てる前に知っておくべきこと

製品を売り出す際に人が多くアクセスするAmazonをプラットフォームとして利用することが考えられます。Amazonでの販売戦略を立てる際には、Google検索と同様にSEO対策が必要ですが、一方で「そもそもAmazonで物を売る前に知っておくべきことがある」とAdweekが指摘しています。

What Marketers Should Know Before Building an Amazon Keyword Strategy
https://www.adweek.com/performance-marketing/what-marketers-should-know-before-building-an-amazon-keyword-strategy/

◆Amazonでのキーワードの使い方

Amazonの検索エンジンはGoogleと同じく検索のためのアルゴリズムを持っています。Amazonの検索エンジンは「A9」と呼ばれ、基本的には、検索結果を表示する際に検索された単語と関連性が高いキーワードを考慮するためのものです。

一方で、AmazonはGoogleと違って「商品通販サイト」のために、そのアルゴリズムは「販売」というコンバージョンに重点を置いています。つまり、純粋に単語の関連性の高さで評価するGoogle検索とは違い、Amazonの検索は売り上げにつながる可能性が高い「販売歴が多くコンバージョン率の高い商品」が高くランク付けされます。

Amazonのアルゴリズムはキーワードをもとに検索を行いますが、Amazonはキーワードにおいて「新品」「最新」「ラストチャンス」「期間限定」といった一時的な言葉や、「驚くべき」「効果的な」「最高の」といった主観的な単語を「避けるべき言葉」としてピックアップしています。またAmazonはリスティングタイトルについて「検索用語を区点ではなくて空白で区切ること」を推奨しているほか、キーワードを250バイト以内で最適化すべきことを、ガイドラインで定めています。このようにAmazonなSEO対策が必要であることは、Google検索と同様といえます。

Amazonの推奨事項に従うと、最適化された商品タイトルは「カッティング ボード まな板 竹 木製 大きめ ハイブリッド ポリプロペン 食品グレード すべり止め付き 両面使用可能 エコフレンドリー」といったものになります。

◆キーワードだけで検索のトップに表示するのは無理
以前のAmazonは商品検索したユーザーに最も関連性が高く、最も売れている商品を最初に示していましたが、2019年にAmazonは自社ブランドを含め、自社にとって最も収益性が高いものを優先して表示していることが判明しています。

Amazonがより収益性の高い自社製品を売るために検索アルゴリズムを変更していた – GIGAZINE

by Stock Catalog

Amazonが自社ブランドの商品を他社製品より目立つ位置に表示させているという指摘 – GIGAZINE

このアルゴリズムは2020年になっても変更されておらず、例えばユーザーがAmazonで「白いスニーカー」と検索すると、最初に黒やピンクといった関連性の低い商品が表示されたあとに、ブラックフライデーなどのキャンペーンバナーが表示され、その次にスポンサー付きプライム製品リストが表示されるようになっています。

「関連性の低い商品を検索結果に優先的に表示する」というAmazonの仕様がAmazon全体にどのような影響を与えているのかははっきりしていません。Amazonはパンデミックの時期に売り上げを大きく伸ばしましたが、一方で、2018年には商品検索の54%がAmazonから開始されていたのに対し、2020年の5月にはその数が47%に減少しました。つまり、「Amazonから商品検索を始める」というユーザーの行動自体は減少傾向にあるといえます。

このような傾向は、ユーザーがブランドの直営サイトで購入する行為が増加していることを意味する可能性があるとのこと。2020年11月2日の時点で、実店舗を持つブランドのウェブサイトが前年同期比で75%も成長したというデータもあります。

Amazonは「検索用語にあなたのブランドや他のブランドを含めないでください」と出品者にアドバイスをしています。Amazonのこのような行動はブランドによる差別化を排除し、出品者に価格による競争だけ強制することで、各ブランドの個性を無に帰しAmazonブランドだけを拡大していく戦略であると、かねてより指摘されてきました。

最強の捕食者Amazonを打ち負かすのは多様性を持った「真のプラットフォーム」だという指摘 – GIGAZINE

これまでの調査結果から、Amazonでの検索用語の70%は「NIKEのスニーカー」といった特定のブランドを指定するものではなく「白いスニーカー」といった一般的な用語にもかかわらず、検索結果1ページ目のクリックの81%はブランドが確立している商品に対するものだと判明しています。このような背景からも、Amazonで商品を売り上げられるのは既にブランドが確立し、スポンサーブランド広告を利用できる企業のみになっているのが現状です。

Amazonで物を売るのではなく、自社サイトで直接販売を行う場合は、自社サイトまでの誘導を行うバナー広告や記事広告が役立ちます

テレビ広告がネット広告のように視聴者の好みやライフスタイルを追跡可能になる

インターネットの世界ではユーザーの好みやライフスタイルに合わせてパーソナライズされた広告が一般的ですが、テレビ業界では長らく広告が性別や年齢にだけに基づいて売買され、個人に最適化されていませんでした。しかし、アメリカでは大手テレビ会社や動画配信サービスがテレビ広告で視聴者を追跡可能になるサービスへの取り組みを次々に発表しており、テレビ広告がパーソナライズされる日が来るとみられています。

Coming to a TV near you: personalized ads – Axios
https://www.axios.com/coming-to-a-tv-near-you-customized-ads-1548378037-e5553f3a-1ded-4cfd-9f5e-be89cd59cf69.html

インターネットではユーザーの好みやライフスタイルといったデータをもとにターゲットを絞って広告を表示することが可能ですが、従来のテレビ広告ではこのような表示方法は取られてきませんでした。

しかし、アメリカではテレビ局のNBCが追跡可能なテレビ広告をサポートするストリーミングサービスを開始すると発表したり、バイアコムCBSがデジタル広告をサポートしたTVストリーミング会社を買収したりと、追跡可能なテレビ広告を実現するための動きが起こっています。

近年はテレビから、Netflixのような広告のない動画配信サービスに視聴者が移行していますが、追跡可能なテレビ広告を実現することは「より優れたテレビ体験」の提供につながるとみられています。またインターネットは広告企業であるGoogleやFacebookにコントロールされているため、まだこれらの支配下にない新しいデジタル広告市場を開拓できるという意味でも、注目が集まっているとのこと。

追跡可能なテレビ広告が実現すれば、テレビにおいても広告のターゲットを絞ることが可能になるため、広告の費用を安くできるのが1つの利点です。これにより、これまでは大企業しか利用できなかったテレビ広告が、中小企業によって利用される流れに変わることが予測されます。視聴者の目線からいうと、視聴者はこれまでソーシャルメディアでしか目にしなかった広告をテレビで見るようになるはずです。

一方で、パーソナライズされた広告は大規模に配信することが難しいという課題もあります。このため、従来のテレビ広告を出していた「パーソナライズされていないが、お金をかけて多くの人にリーチしたい」という広告主とはすぐにはマッチしない可能性があります。またトイレットペーパーや歯磨き粉のように、細かなターゲティングが不要の商品に関しては、パーソナライズされた広告よりも従来型のより広範な広告の方がコストが下がる可能性もあると指摘されています。

これらの問題点を抱えているため、追跡可能なテレビ広告が技術的に可能になっても、すぐには広告の販売がうまくいかない可能性があるとのこと。しかし、テレビ業界は広告のあり方を刷新してNetflixのようなサービスに視聴者が流れることを防ぐ必要があるため、長期的な展望のためにはパーソナライズされたテレビ広告の展開が必須だとみられています。

開発したサービスやアプリを最小の手間で拡散して最大限の効果を得られるGIGAZINEの「完全おまかせコース」発注プロセスまとめ


「うちの会社の月額課金制のサービス、絶対に便利なのに、ローンチしても反響が小さくて便利さがみんなに伝わっていない気がする……!このサービスのすごさを色んな人に知ってもらいたいけど、できるだけ手間を少なくしたい、そして効果は最大限にPRするにはどうすればいいの?」という感じで悩んだときに使えるのがGIGAZINEの記事広告「完全おまかせコース」です。実際にGIGAZINEの完全おまかせコースを発注すると、どのようなプロセスで記事が掲載されるのか、まとめてみました。

完全おまかせコースは、クライアントの手間を最小限にした記事広告の形。言い換えると「GIGAZINEに丸投げすれば勝手にいい感じの記事広告が自動的に完成するコース」です。たとえば以下のような月額課金制のサービスをもっと訴求していきたい時は……


まずはGIGAZINE.BIZの「広告お問合せ」からGIGAZINE広告の媒体資料を取り寄せます。

媒体資料には掲載可否問合せフォームのURLが記載されているので、フォームにメールアドレス・広告主名・広告リンク先URLや……

記事広告の目的を入力後、「完全おまかせコース」にチェックを入れて「次へ」をクリック。

ページが移動したら、特記事項がない場合はそのまま「送信」をクリックします。

するとGIGAZINEからメールが届きます。掲載可能な時は「記事広告ヒアリングフォーム」と「記事広告発注フォーム」のリンクが記載されるので、まずはヒアリングフォームのURLをクリック。

以下のようなフォームが現れるので、メールアドレスやコースの選択などを済ませて……

さらに細かく訴求内容などを入力していきます。記事からリンクして欲しいURL・キャンペーン詳細・イチオシポイント・避けて欲しい事項・その他連絡事項などを入力して送信。

さらに、メールに記載されていたもう1つのURLから発注フォームも入力します。GIGAZINE記事広告では、SNSを使ってより多くの人にアピールしていきたい!という人向けにTwitter広告Facebook広告のオプションもつけられるので、さらなる情報発信力を追加する時は発注フォームからオプションをつけてもOK。

すると「正式受注」のメールが届き、基本的にはこれだけで記事広告を掲載するために必要な作業は終了。あとはGIGAZINEに在籍するプロフェッショナルの編集部員が、経験とデータを基に、そのサービスや製品をできるだけ多くの人に知ってもらい、「欲しい!」という人に届けるための記事をがんばってせっせと作成してくれます。

まずは専任の担当者がGIGAZINEの広告担当からヒアリングフォームの内容を受け取り、ウェブサービスの内容を確認したら記事タイトル・切り口・トップ画像・記事構成など企画案を作成します。

その後、記事作成担当・チェック担当・広告担当・GIGAZINE編集長でミーティング。GIGAZINEで蓄積したデータや時流を踏まえ、サービスのどの部分に焦点を当てて訴求していくことで最大の効果が得られるのかを議論します。このプロセスは記事広告の標準コースでも完全おまかせコースでも同じのなので、コースによって質が異なるということはあり得ません。

ミーティング後、GIGAZINEの広告担当は記事の掲載日が決まり次第、広告担当からクライアントにメールで掲載日の連絡をします。そう、完全おまかせコースなら基本的に編集部側が最も効果的な掲載日を決めてくれるので、「どの日が一番効果が高くなるのか?」という煩わしさからも解放されるのです。

そして記事作成担当が実作業に入ります。今回の例の場合、記事内でダウンロードから使用する様子までを展開していくことでユーザーがサービスを仮想体験できるような「レビュー記事」で仕上げていくことになりました。

ウェブサービスやアプリの場合、担当者がスマートフォンやパソコンとにらめっこし、一生懸命がんばって記事化します。「ここがすごい!」というところを徹底的に記事中で見せていくため、朝から晩まで使い続けます。これによってただのリリース情報では伝えられない「生の情報」を読者に届けることができ、隠された本来の魅力を表に出して、ぐっとユーザーを引きつけられるようになります。

完成した記事はいったんチェック担当者がチェック。

その上で編集長チェックに回ります。複数の人の目を通すことで、より多角的な視点で記事をレベルアップ可能なわけです。

掲載日の朝9時になると、以下のような感じでGIGAZINE上に記事が掲載されます。

……という感じで、あなたの時間や手間を省きつつ、圧倒的なお手軽さの中でもクオリティを確保しているのが「完全おまかせコース」です。実際に、GIGAZINEの記事広告はどのような記事になるのか?という実例は、以下から見ることが可能です。

記事広告カテゴリ

また完全おまかせコース以外にも、GIGAZINEでは「やっぱり事前チェックがしたい!」「掲載日を指定したい!」という人向けの標準コースや、10営業日以内でも爆速で記事作成を行う特急コースなどを用意しています。各コースの詳細や価格表については、「広告お問い合わせ」から資料をご請求いただけます。