カテゴリーアーカイブ: 広告用語

CPRとは何ですか?

CPRはCost Per Responseの頭文字を取った言葉であり、顧客からレスポンスを得るためにかかったコストのことを言います。似た言葉に「CPO」「CPA」なども存在します。

CPR・CPO・CPAの違いは以下の通り。

◆CPO(Cost per Order/注文あたりのコスト)
実際に売りたい商品の注文を1つ得るためにかかったコストのこと。計算式は「広告費÷注文件数」となります。

◆CPR(Cost per Response/レスポンスあたりのコスト)
実際に売りたい商品以外のものについて、顧客からのレスポンスを得るためにかかったコストのこと。サンプルなど、目的とする商品の販売を促すためのアイテムへの申し込みを含みます。計算式は「広告費÷レスポンス件数」となります。

◆CPA(Cost per Acquisition/コンバージョンあたりのコスト)
顧客獲得単価とも呼ばれ、コンバージョンを獲得するためにかかったコストのことをいいます。このときの「コンバージョン」はサービスごとに設定が異なり、商品購入のほか資料請求なども含みます。計算式は「広告費÷コンバージョン数」となります。

開発したサービスやアプリを最小の手間で拡散して最大限の効果を得られるGIGAZINE記事広告の価格やプロセスを詳しく知る。

リアルタイムビッディング(RTB)とは何ですか?

リアルタイムビッディング(RTB)は「リアルタイム入札」とも呼ばれ、広告を出稿したい広告主と、広告を掲載するメディアをリアルタイムで結ぶ仕組みのことを言います。

インターネットでデジタル広告を出稿する際、広告主は、複数の媒体が1つのネットワークとして管理される「アドネットワーク」を利用して出稿する方法や、複数のアドネットワークをまとめた「アドエクスチェンジ」を利用する方法、そして複数のアドネットワーク・アドエクスチェンジを一元管理する「DSP(デマンド・サイド・プラットフォーム)」の利用などによって、広告の効果を最適化することができると考えられています。

DSPは広告主が広告のオーディエンスや費用などを指定することで、広告にマッチしたユーザーを持つメディアを広告出稿先として自動的に選んでくれる仕組みです。そしてDSPの対となるのが、メディア側が広告入稿を制御する「SSP(サプライ・サイド・プラットフォーム)」で、SSPは広告枠の価値が最大になり、かつ枠が余らないように運用されます。

このように、広告枠を買いたい側であるDSPと、売りたい側であるSSPを結んでリアルタイムで取引を行うのがRTBです。ビッディング(入札)という名の通りRTBは1インプレッションあたりの価格がオークション形式で競われ、一般的には「セカンドプライス方式」という落札方式に従い、最も高い金額を入札した広告主を勝者とするものの、「2番目に高い金額を入札した広告主+1円」を落札金額とします。

セカンドプライス方式を採用することにより、競合がいる場合に、広告主が競合よりも高い値段を心理的に提示しやすくなる効果が期待できます。また実際に、広告枠が高額で買い取られる傾向が高く、媒体側のメリットもあると考えられています。

ただし、Googleは2019年3月からセカンドプライス方式から、ファーストプライス方式に移行しました。

オークション モデル – Google アド マネージャー ヘルプ
https://support.google.com/admanager/answer/152039?hl=ja

ファーストプライス方式への移行のメリットとして、入札がシンプルかつ明確になり、適正な取引が行われやすくなることが上げられます。

アドネットワークとは何ですか?

アドネットワークは、広告媒体となるウェブサイト・ソーシャルメディア・アプリなどを多数集めて管理し、広告配信をまとめて行うネットワークのことをいいます。さまざまな広告媒体を1つのネットワーク下に置くことで、サードパーティーCookieによるターゲティング広告を効率的に行え、またリターゲティングも可能だということで、広告配信を最適化できるといわれています。

アドネットワークにはGoogleやYahoo!を始め、さまざまなものが存在します。

ディスプレイ広告と Google ディスプレイ ネットワークについて – Google 広告 ヘルプ
https://support.google.com/google-ads/answer/2404190

ヤフーのバナー広告「ディスプレイ広告(運用型)」│Yahoo!広告
https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/displayads/

アドネットワークと混同しやすい言葉に「アドエクスチェンジ」「DSP」「SSP」が存在します。

アドエクスチェンジは、広告枠を1インプレッション単位で売買するプラットフォームのことを言います。アドネットワークは1つの企業が広告媒体を束ねるネットワークなので、1つのアドネットワークを利用する場合、広告主はネットワークに含まれない媒体に広告を出稿することができません。アドエクスチェンジはこの点を進化させ、複数のアドネットワークを一元管理できるようにしたものとなっています。

さらに、「DSP(Demand Side Platform)」や「SSP(Supply Side Platform)」は、複数のアドネットワーク・アドエクスチェンジを一元管理できるプラットフォームとなっています。

アドエクスチェンジとは何ですか?

アドエクスチェンジは、複数のアドネットワークをまたぐ広告枠の売買を容易にするプラットフォームのことです。

アドネットワークは、GoogleやYahoo!を始めとするプラットフォームが、複数の媒体を束ねて広告の配信の最適化を図っています。しかし、いずれのプラットフォームを利用しても、広告主がプラットフォームの管理下にない媒体に広告を出稿することはできません。そこで、複数のアドネットワークを束ねて一元管理できるようにした「アドエクスチェンジ」が登場しました。

Googleの広告システムでいうと、AdSenseはアドネットワーク、Ad Exchangeがアドエクスチェンジにあたります

アドエクスチェンジ登場前のアドネットワークは、それぞれ課金形態が「インプレッション課金」「CPC課金」などばらばらでしたが、アドエクスチェンジの登場で「入札型インプレッション課金」への統一が一気に進むことになりました。

入札型インプレッション課金は、広告主側がオークション形式でリアルタイムで入札を行うことで、広告枠の価格が常に変動します。これはRTB(Real Time Bidding)と呼ばれ、その時もっとも高い広告掲載価格を入札した広告が表示されることになります。ただし、広告主が支払う金額は入札額そのものではなく、2番目に高かった入札額に1円加えたもの。これは実際のオークション現場で使われている「セカンドプライスオークション」の仕組みを採用したもので、入札価格の高騰を防いでいます。

コンテンツターゲット広告とは何ですか?

インターネット上に表示される広告のクリック率を高めるためには、何らかの方法で「広告の対象となる商品に興味を持つ人」を予測し広告を表示させる必要があります。

近年は、インターネットユーザーのCookieを利用してユーザーの行動を追跡し、興味・関心を分析して広告表示のターゲットとする「行動ターゲティング広告」が主流ですが、行動ターゲティング広告が登場する以前から利用されていた方法に「コンテンツターゲット広告」があります。

コンテンツターゲット広告はコンテンツマッチ広告ともいわれ、ウェブサイトの言語・テキスト・リンク構造・ページ構造などを解析して、そのサイトのテーマとコンテンツを特定し、そこに広告主の設定したキーワードや広告文をマッチさせる形で、広告を表示させるものをいいます。

Googleはディスプレイネットワーク上のサイト・アプリ・ウェブページでコンテンツターゲットを行っており、「広告メッセージに対して関心を示しているユーザー層を引き付けることができるため、パフォーマンスと費用効率に優れたコンバージョン獲得を重視する場合に最適です」と説明しています。

コンテンツ ターゲット – Google 広告 ヘルプ
https://support.google.com/google-ads/answer/1726458

キーワードによるコンテンツ ターゲット – Google 広告 ヘルプ
https://support.google.com/google-ads/answer/2769374

基本的に行動ターゲティング広告の方が費用対効果に優れていると言われていますが、サードパーティーCookieを使った行動ターゲティング広告は取り締まられる方向で進んでおり、改めてコンテンツターゲット広告が見直されています。実際に、行動ターゲティング広告からコンテンツターゲット広告に移行し、収益を前年比で76%増にできた企業も存在します。

ターゲティング広告をやめることでウェブサイト側の収益がアップする可能性がある – GIGAZINE

ターゲティング広告とは何ですか?

ターゲティング広告は「行動ターゲティング広告」と呼ばれ、インターネットの広告のうち、ユーザーの属性・行動・興味・関心といった詳細な情報をもとにユーザーを分析し、広告コンテンツにマッチするターゲットを絞って表示する広告を言います。

ターゲティング広告では、主に2つの方法が取られています。

・サイト内の行動分析
たとえばAmazonでは、ユーザーの過去の閲覧履歴・購入履歴に合わせた商品の広告を表示することが可能です。Amazonはユーザーを興味関心リストで分類しており、広告主はその中からターゲティングしたいカテゴリーを選択することが可能。これにより、過去90日間に特定の興味・関心セグメントに該当する商品の商品詳細ページを閲覧またはアクセスしたユーザーに対して広告を配信するとのこと

このように、会員制ウェブサイトでは、会員ごとの情報をもとに分析を行い、ターゲティング広告を実施することが可能です。

・アドネットワークを活用した行動分析
GoogleやYahoo!はウェブサイトやアプリなど、広告配信可能な媒体を多数管理し、広告を配信するネットワークを形成しています。このようなネットワークをアドネットワークと呼びます。

気軽に利用できるオンライン広告で顧客を増やしましょう | Google 広告
https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/

Yahoo!広告でサイトへの集客アップ | Yahoo! JAPAN
https://promotionalads.yahoo.co.jp/

もともとインターネットの広告は、企業の広告担当者が広告を出す媒体を選び、個別に出稿を行っていましたが、アドネットワークを使うことでネットワーク傘下のさまざまな媒体に広告を大量出稿することが可能になりました。そして1つのネットワーク下で広告を出稿した場合、サードパーティーCookieを利用することで、ドメインを超えてユーザーを追跡し、ユーザーが何に興味を持ち、何を欲しがっているのかという分析が高精度に行えるようになりました。

なお、アドネットワークの登場後、DSP(Demand Side Platform)やSSP(Supply Side Platform)といったサービスも登場。DSP・SSPはアドネットワークとは異なり、アドネットワークや個々のアドエクスチェンジへの広告配信を1つのプラットフォームで管理するツールという位置付けです。

サードパーティーCookieとファーストパーティーCookieの違いは何ですか?

Cookieのうち、ユーザーが訪れたウェブサイトのドメインから直接発行されるCookieのことをファーストパーティーCookie、それ以外のドメインから発行されるCookieをサードパーティーCookieといいます。

Cookieとは何か?ということはここを読めばわかりま

たとえば「abcdefg.com」というウェブサイトにユーザーが訪れて広告をクリックした時、そのウェブサイトに第三者の「xyz.com」というドメインが存在した場合、ユーザーにはabcdefg.comからのファーストパーティーCookieとxyz.comからのサードパーティーCookieが付与されます。

このファーストパーティーCookieは、ユーザーがウェブサイトを離れた後の行動を追跡することはできず、デバイスやブラウザが異なると別のユーザーと認識されます。一方でサードパーティーCookieはサイトのドメインを横断してユーザーを追跡でき、ユーザーの行動や興味・関心を細かく把握することが可能です。

ただし、近年はサードパーティーCookieを取り締まる方向にあり、Apple製ブラウザのSafariでは既にサードパーティーCookieがブロックされています。また、Google Chromeでも2022年までにサードパーティーCookieのサポートが廃止される予定です

また、ウェブサイトの中には「ファーストパーティートラッカーを装ったサードパーティートラッカー」を利用していてるところも報告されている一方で、サードパーティーCookieなしで独自のシステムを構築し、高い精度のターゲティング広告を可能にしたと報告する企業もあります。

サードパーティーCookieなしで高効率のターゲティング広告が配信できたとニューヨーク・タイムズが報告 – GIGAZINE

Cookieとは何ですか?

Cookieとは、ユーザーがウェブサイトを閲覧した時に、ウェブサイトがPCやスマートフォンに保存させる情報のことをいいます。

ブラウザがウェブサイトを表示する際、PCやスマートフォンと、ウェブサイトをホストするサーバーの間で通信が行われます。この時、ユーザーがウェブサイト上でログインのためのアカウント入力を行ったり、通販サイトで氏名や住所を入力すると、2回目以降はその情報が自動的にウェブサイトに入力されていることがあります。これは最初の訪問でユーザーが入力した情報(=会員証)が一時的にPCに保存されているため。2回目以降の訪問ではサーバー側がユーザーのPCにリクエストを行い、この情報を引き出すことができます。

Cookieは利便性という意味でもインターネットにとってなくてはならない存在ですが、同時にユーザー情報を含むので、その扱いにはプライバシーの観点から懸念が伴います。このため、Cookieを任意のタイミングで削除できるChrome拡張なども存在します。

無料&簡単にCookieの確認・編集・削除・書き出しなどが行えるアドオン「Cookie Quick Manager」レビュー – GIGAZINE

また、Cookieには「ファーストパーティCookie」と「サードパーティーCookie」と呼ばれるものがあり、特に後者は近年規制される方向にあります。

ファーストパーティーCookieとサードパーティーCookieの違いはここから確認できます

アルゴリズムとは何ですか?

アルゴリズム(algorithm)といういう言葉を直訳すると「演算法」「算法」であり、そもそもは問題を解決するための方法や手順を意味します。

「Googleの検索アルゴリズム」「Amazonの検索アルゴリズム」という文脈で使う場合、それそれのサービスにおける「どうやって検索結果をランク付けするか」という問題解決の手順を、プログラミング言語で記述したものを指します。

一方で、アルゴリズムという言葉自体はもともとプログラミングに限らない、広範な意味を持つ言葉です。PCが存在する前のアルゴリズムから、機械学習を用いた現代のアルゴリズムまで、アルゴリズムの全容やその問題点は以下から詳細を読むことが可能です。

「アルゴリズムって何?」を専門家が分かりやすく解説 – GIGAZINE

オーガニック検索とは何ですか?

オーガニック検索(Organic Search)とは、GoogleやYahoo!といった検索エンジンでキーワードを調べた時に表示される検索結果画面のうち、リスティング広告のような広告枠を含まない部分を指します。自然検索、ナチュラル検索と呼ばれることもあります。

リスティング広告枠もオーガニック検索も検索クエリに関連する内容が表示されますが、リスティング広告は企業やサービスが費用を支払うことで「必ず」表示させることができる一方で、オーガニック検索に表示される内容には広告費が支払われていません。オーガニック検索結果に優先的に表示されるのは、検索エンジンのアルゴリズムによって「検索ワードと関連性が高い」と判断されたページになるので、アルゴリズムにページ内容を理解してもらえるようSEO(検索エンジン最適化)が必要になります。

どのようなSEOによって検索結果上位にウェブページが表示されるようになるのかは、以下の記事から読むことができます。

サイト収益を上げるSEOテクニックの基礎まとめ – GIGAZINE

ただし、近年はGoogleがオーガニック検索よりも自社サービスを押しだしているために、検索順位を上げることが困難になっていることや、Google検索で広告枠が増加したためにオーガニック検索として表示されたURLのトラフィックが減少していることも報告されています

« 過去の記事