カテゴリーアーカイブ: 広告用語

CPMとは何ですか?

CPMは「Cost per Mille」の略であり、「広告が1000回表示されるごとの費用」を意味します。

またGoogle広告では、「Google ディスプレイ ネットワークでの表示回数 1,000 回あたりに対して入札する方法」と規定されています。

インプレッション単価(CPM)とは – Google 広告 ヘルプ
https://support.google.com/google-ads/answer/6310

ウェブ広告には、費用が「クリックごとに発生する」タイプと「表示回数に応じて発生する」タイプが存在します。クリックごとに費用が発生するタイプをCPC課金と呼ぶのに対し、表示回数に応じて費用が発生するタイプをCPM課金と呼びます。

ウェブ広告の目的はユーザーを目的のURLに誘導することであり、CPCの場合、その目的が達成されるまで費用が発生しないという点に特徴があります。費用対効果がわかりやすいというメリットがある一方で、誤クリックによって無駄なコストが発生したり、予想以上にクリックされてコストが膨らむというデメリットが発生する可能性があります。

一方、CPMはクリックではなく表示に対して費用が発生するので、クリックが期待できる広告の場合、費用対効果が高くなる可能性があります。またCPM課金はインプレッションが最大になるように配信されるので、人に見てもらえる機会が増えます。ただし、実際にクリックにつながらなくても費用が発生する点や、費用対効果が分かりづらい点がデメリットとなっています。

またCPMという言葉は、ウェブ広告の効果がどれほどあったかを確かめる際の指標としても利用されます。CPMの計算式は以下の通りです。

コスト÷表示回数×1000

CPCについての詳細はここから読むことができます

CTRとは何ですか?

CTRを略さずに書くと「Click Through Rate」となり、広告のクリック率を意味する言葉です。
例えば広告が1000回表示され、そのうち100回クリックされた場合、クリック率は10%となります。

クリック率は広告に限らず、ウェブサイト上のさまざまなボタンの効果を測定する時にも使われる言葉ですが、その目的は「ユーザーが広告やボタンをクリックして指定URLを訪れること」です。
最終的なコンバージョン率を高めるためには、ボタンをクリックして「購入」などの目的を達成することが重要なので、クリック率を高めることは1つの課題となります。

「広告やボタンがクリックされるためにはどうすればいいのか」には、画像やキャッチコピーといったコンテンツの質のほか、科学に基づいた「人の認知的負荷」を軽くしたデザインを取り入れることなど、多くの要素が関わります。

ウェブサイト上のクリック率を高めるためには以下のようなA/Bを行うことも効果的です。

ウェブデザインやクリック率を改善するためにGIGAZINEでやっているA/Bテストとは? – GIGAZINE

CPCとは何ですか?

CPCを略さずに書くとCost Per Click、つまり1クリックあたりにかかる費用のことを言います。「クリック単価」とも呼ばれます。

ウェブ広告はデジタルマーケティングでは、検索エンジンやウェブ媒体に広告を表示させ、ユーザーが広告をクリックすると指定サイトに飛ぶ仕組みですが、この時ユーザーがウェブサイトへ訪問するごとに1回分の料金が発生する仕組みをクリック報酬型広告といいます。クリック型報酬の場合、クリック単価はあらかじめ決められた額となります。

一方、CPCは広告出稿の際の指標としても使うことがあります。広告を出稿するとその成果を図ることになりますが、CPM(広告を1000回表示させた時のコスト)と共に、CPCが「結果として1クリックあたりいくらかかったか」という指標として用いられます。

この場合のCPCは、「広告を出すための費用÷クリック数」で求められます。また、CPCは「コンバージョン単価×コンバージョン率」という計算でも求められます。

CVRとは何ですか?

CVRを略さずに書くと「Conversion Rate」と書き、コンバージョン・レートと読みます。

ウェブ広告やデジタルマーケティングの分野におけるコンバージョンとは、最終的にウェブサイトが目標とする行動、最終的な成果を示す言葉を指します。

ウェブサイトや広告は一般的に、「登録」「購入」「参加」といったユーザーの行動を目的として持っています。
コンバージョンは、最終的な目的である行動をユーザーが起こすことをいい、ユーザーのうちコンバージョンを起こした割合がコンバージョン率/CVRとなります。

コンバージョンとは何か?ということは、ここから具体的に読むこととができます。

CVRの求め方はウェブサイトがコンバージョンをどのように設定しているかにもよりますが、以下のような求め方が一般的です。

CVR=コンバージョン数/ウェブサイトの訪問者数×100
CVR=コンバージョン数/広告のクリック数×100

コンバージョン率を高めることは、通販サイトの売り上げ数を上げることや、サブスクリプションサービスの登録者数を上げることを意味し、ウェブサイトの最重要課題です。

ウェブサイトが今すぐ実行すべきコンバージョン率を上げる方法は以下から読むことができます。

コンバージョン率を劇的にアップさせるための30の心理作戦 – GIGAZINE

By Tim Franklin Photography

インプレッションとは何ですか?

ウェブ広告やデジタルマーケティングにおけるインプレッションは、「広告が表示された回数」を意味します。

似た言葉にページビュー(PV)やリーチがありますが、インプレッションとこれらの言葉が指すことの意味は異なります。

ページビューはウェブページが閲覧された回数を意味し、リーチは広告が到達した人数を意味します。

1つのウェブサイトやウェブページに複数の広告を掲載することが可能であるため、インプレションは「広告掲載数×ページビュー」で求められることになります。

また、複数のメディアに広告が掲載されていたとしても、同じユーザーが閲覧することがあるため、インプレッションの高さとリーチ数が単純に比例するわけではない点に注意が必要です。

またインプレッションは広告の効果を測定する1つの指標として使われますが、「インプレッションは多いもののコンバージョンに結びつかず広告の効果が乏しい」というケースもあります。

このような場合、メディア自体は多くの人の目に止まるものの、広告のターゲット層とメディアの主要なユーザー層にずれが生じていることが考えられます。

コンバージョンとはなんですか?

コンバージョンは英語で「Conversion」と表記し、転換・転化・変換などを意味します。デジタルマーケティングやビジネスの分野では、最終的にウェブサイトが目標とする行動、最終的な成果を示す言葉として使われます。「CV」と略されることもあります。

例えば通販サイトであれば、最終的な目標である「製品の購入」がコンバージョンとなり、ウェブサイトのうち問合せを促すページであればそのページのコンバージョンは「ユーザーが問合せをすること」になります。ウェブサイトやウェブページのタイプにより、そのコンバージョンはさまざまです。

ウェブサイトにおいてコンバージョンがどのくらい達成されたかを示すのが、「コンバージョン率(Conversion Rate/CVR)」です。

コンバージョン率を上げるためにはコンテンツの質を上げる、ウェブサイトのデザインを工夫する、サイトの速度を上げる、ウェブサイトを監視し刷新し続けるなど、さまざまな方法があります。以下の記事から具体的な方法を確認可能です。

コンバージョン率を劇的にアップさせるための30の心理作戦 – GIGAZINE

By Tim Franklin Photography

ウェブサイトの直帰率を下げてコンバージョンを上げるために確認することまとめ – GIGAZINE

一方で、有料ウェブサービスでコンバージョン率を高めるために小さな変更を繰り返すのは無意味であるという指摘もあります。なぜ無意味なのか、本当にウェブサイト運営者が行うべき行動は以下から読むことが可能です。

有料ウェブサービスで「コンバージョン向上のためわずかな変更を繰り返すのは意味がない」という主張 – GIGAZINE

by Tim Gouw

誘導リンク(リンク誘導)とは何ですか?

誘導リンク(リンク誘導)は、1つのウェブページに訪れたユーザーを、ウェブサイト上の別のページなど目的のページに移ってもらうために表示するリンクのことをいいます。

ウェブメディアの場合、直帰率や離脱率を下げるためには、ウェブサイトを回遊してもらう必要があります。また製品の販売サイトでは製品ページから購入ページにユーザーを誘導することが重要です。このため、誘導リンクは目的のページへの誘導率を最大化する形で設置する必要があります。

インターネット上の広告にはバナー広告や記事広告などさまざまな形があり、それぞれが製品の認知を上げ、目的のページに「誘導する」ためのリンクを伴います。特に、一瞬しかユーザーの目に入らないバナー広告と違い、ユーザーの目に入る時間が長い記事広告はより認知を高めることができ、理解・興味を得た上でユーザーを誘導することが可能です。

開発したサービスやアプリを最小の手間で拡散して最大限の効果を得られるGIGAZINEの「完全おまかせコース」発注プロセスまとめ – GIGAZINE

露出とはなんですか?

露出は広告・宣伝・マーケティングにおいて、コンテンツが目的に即した形にメディアに登場することを意味します。

デジタルマーケティングやウェブ広告においては、主にバナー広告や記事広告がユーザーのパソコンやスマートフォンに表示されることを指します。

デジタルマーケティングにおいて、商品がユーザーによって購入されるまでには「認知」「興味」「検索」「購入」「共有」という流れをたどるといわれていますが、露出を高めることは、一般的に「認知」の可能性を上げると考えられています。

またバナー広告は表示できる情報量が限られているため「認知」の範囲にとどまる一方で、製品の外観・内容・使い方・メリットなどについて深く知ってもらえる「記事広告」は「認知」の範囲を超え、「興味」「検索」「購入」までの流れを作ることが可能です。

なお、GIGAZINEでは製品の認知度を上げて潜在的ユーザーに対し訴求することが可能な記事広告を実施しています。

製品やサービスの認知度を上げユーザーを増やすためにGIGAZINEで記事広告「ベーシックコース」を発注する方法まとめ – GIGAZINE

離脱率とは何ですか?

離脱率とは、ウェブページが開かれた回数のうち、ユーザーが「離脱」した割合を指します。

離脱とはユーザーがウェブサイト上の別のページに移らず、別のドメインに移ったり、ブラウザを閉じたり、何も操作しないままセッションを終了したりする行為を意味します。

似た言葉に「直帰率」があり、GoogleはGoogleアナリティクスのヘルプで両者の違いを以下のように説明しています。

離脱率と直帰率の違い – アナリティクス ヘルプ

https://support.google.com/analytics/answer/2525491

離脱率は、個々のページのすべてのページビューで、そのページがセッションの最後のページになった割合を示します。

直帰率は、そのページから始まったすべてのセッションで、そのページがセッションに存在する唯一のページだった割合を示します。

ページの直帰率は、そのページで始まったセッションだけが計算の対象になります。

直帰率が「直帰数÷訪問数(セッション数)×100」で求められるのに対し、離脱率は「そのページの離脱数÷そのページのページビュー(PV)数×100」で求められます。

Googleアナリティクスでは「行動」→「概要」からサイトの離脱率を見ることができます。

似た言葉である直帰率とは何か?という詳細や直帰率を下げてウェブサイトの閲覧数を上げたり製品の売上げを上げたりするにはどうすればいいのか?ということはここから見ることができます

直帰率とはなんですか?

ウェブサイトにおいて直帰率とは、ユーザーが「直帰」と呼ばれる行動を取った割合のことです。

直帰とは、ユーザーがウェブサイトを訪れた時に、最初に開いたページを読み、ウェブサイト上の別のページを開かず、そのまま離脱してしまう行動をいいます。例えばユーザーがTwitter投稿に含まれるURLをクリックし、ページを開いて内容を読んだ後、そのままページを閉じる行動が直帰です。ユーザーが直帰した場合、1セッションで1PVとなります。

Googleアナリティクスの場合、「行動」→「概要」から直帰率が確認できます。

直帰率に似た言葉に「離脱率」があり、Googleはこの違いを以下のように説明しています。

離脱率と直帰率の違い – アナリティクス ヘルプ

https://support.google.com/analytics/answer/2525491

離脱率は、個々のページのすべてのページビューで、そのページがセッションの最後のページになった割合を示します。

直帰率は、そのページから始まったすべてのセッションで、そのページがセッションに存在する唯一のページだった割合を示します。

ページの直帰率は、そのページで始まったセッションだけが計算の対象になります。

つまり、「直帰」はユーザーがその1ページしか見ずに離脱することで、「離脱」はユーザーが見たページがどれくらいあるかに関係なく離脱そのものを指す言葉を意味します。離脱という行動の1つに直帰が含まれるわけです。

直帰率を下げるということはすなわち、ユーザーにウェブサイト上のページを次から次にみてもらうということ。製品を販売するウェブサイトの場合、ユーザーが製品ページを開くだけでなく、実際に「購入する」ボタンを押してもらうなどしてアクションを続けてもらう必要があります。このため直帰率を下げる工夫が必要です。

直帰率を下げる方法は以下の記事から確認できます。

ウェブサイトの直帰率を下げてコンバージョンを上げるために確認することまとめ – GIGAZINE

« 過去の記事