カテゴリーアーカイブ: 広告用語

App Tracking Transparency(ATT)とは何ですか?

App Tracking Transparencyは、Appleが発表したプライバシー強化のための新しいポリシーおよびフレームワークのことを言います。

AppleはiPhoneやiPadといった端末に「IDFA」と呼ばれる広告識別子を割り当てています。IDFAはユーザーの「アプリ内のどの広告をクリックしたのか」「何に対して支払いを行ったのか」という行動を追跡するために使われるもの。このような追跡は、ユーザーに効果的な広告を表示することを目的としています。

しかし、上記のような追跡は、ユーザーのプライバシーを侵害することから近年は問題視されるようになってきました。そこでAppleはiOS 14.5から、アプリの開発企業や広告会社などがIDFAを使う時には、事前にユーザーの許可を必要とする形に、運用を変更すると発表。新しい運用で開発者が利用することになるフレームワークがApp Tracking Transparencyと呼ばれます。

Appleの開発者向けウェブページでは、「あなたのアプリがエンドユーザーのデータを集めて、アプリとウェブサイトを横断した追跡を目的としてデータを他企業と共有したい時は、App Tracking Transparencyのフレームワークを使わなければなりません」と記されています。

App Tracking Transparency | Apple Developer Documentation
https://developer.apple.com/documentation/apptrackingtransparency

アプリ開発者はApp Tracking Transparencyに備えて、自身のAPISDKを確認しユーザーにIDFAの使用許可を求めることができるかを確認すると共に、利用しているサードパーティーのSDKやAPIについても確認すべきとのこと。サードパーティーのコンポーネントがユーザーの許可無くIDFAにアクセスしようとすると、アプリ自体がバンされる可能性があります。

なお、AppleはIDFAを使わずに広告キャンペーンの効果を測定するためのツールとして、SKAdNetworkを公開しています。

SKAdNetworkについてはここから確認可能です。

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

Cookieなしでもユーザーを識別可能な「フィンガープリント」とは何か?

プライバシー保護の観点からサードパーティーCookieが規制されていくにつれ、「サードパーティCookieの代わりにユーザーを識別し、最適な広告を表示する仕組み」の需要が増しています。このようなサードパーティーCookieの代替手段として考えられているのが「フィンガープリント」と呼ばれるもの。フィンガープリントとは一体何で、どのような使い方が想定されているのかをまとめました。

Fingerprint解説サイト
https://www.saitolab.org/fp_site/

ブラウザフィンガープリント、その凄さ〜Torブラウザアクセスの識別可能性まで〜 – Takamichi Saito – Medium

This is Your Digital Fingerprint – Internet Citizen
https://blog.mozilla.org/internetcitizen/2018/07/26/this-is-your-digital-fingerprint/

◆01:フィンガープリントとは何か?なぜ注目されているのか?
◆02:フィンガープリントで利用する特徴
◆03:フィンガープリントの精度は?
◆04:フィンガープリントに代わり「コホート」で識別する方法

◆01フィンガープリントとは何か?なぜ注目されているのか?
フィンガープリントは、ブラウザフィンガープリントやデバイスフィンガープリントとも呼ばれるもの。その名の通り、フィンガープリントは「ユーザーの識別を可能にするブラウザやデバイスの特徴」あるいは「ブラウザやデバイスの特徴を使ってユーザーを識別する手法」のことをいいます。

これまでデジタル広告業界では、「個々のユーザーを識別し、その行動を追跡することで、ユーザーの興味・関心を割り出してパフォーマンスの高い広告を表示する」という手法が取られてきました。行動ターゲティング広告と呼ばれるこの手法は主にサードパーティーCookieを利用しています。

しかし、近年はサードパーティーCookieを利用したユーザーの追跡がプライバシーの観点から規制されだしています。このため、サードパーティーCookieの代わりとなるユーザー識別子が求められています。Cookieを利用しないスーパーCookieと呼ばれる識別子がその1つです。そしてフィンガープリントも、Cookieの代わりとなるユーザー識別子として注目を集めています。

フィンガープリントの具体的な仕組みは以下の通り。ユーザーがあるウェブサイトを訪れると、ユーザーのデバイスは広告サーバーに広告要求とフィンガープリントAを送ります。この時、ウェブサイトに表示される広告は、ウェブサイトのコンテンツに関連する内容のものとなっています。

しかし、その後ユーザーが別のウェブサイトを訪れると、広告サーバーはユーザーが「フィンガープリントA」と一致することを識別。訪れたウェブサイトとは関係のない、過去に訪れたサッカー関連の広告が表示されるようになります。

◆02:フィンガープリントで利用する特徴
明治大学情報セキュリティ研究室はフィンガープリントの特徴を「ソフトウェア特徴点」「ネットワーク特徴点」「ハードウェア特徴点」の3つに分けて、以下のように記しています。

01.ソフトウェア特徴点
・インストール済みプラグイン
・UserAgent
・HTTPクッキーの利用可否
・Web Storageの利用可否
・インストール済みフォントのリスト
・Canvas Fingerprinting
・タイムゾーン

02.ネットワーク特徴点
・グローバルIPアドレス
・プライベートIPアドレス
・LAN内に属するホストのIPアドレス
・Acceptヘッダ
・Accept-Charset
・Accept-Encoding
・Accept-Language
・CONNECTION
・Referer

03.ハードウェア特徴点
・画面解像度・色深度
・リフレッシュレート
・ハードディスク空き容量
・CPUコア数
・SSE2
・タッチ機能
・画面の向き
・デバイスピクセル比
・カメラ・マイクの個数

◆03:フィンガープリントの精度は?
上記のような複数の情報を利用することで、広告企業はそれぞれのユーザーの違いを識別可能。実際に、Mozillaのニック・ブリズ氏が自分のPCのフィンガープリントについて調べたところ、170万個のフィンガープリントの中で唯一のものとして特定できたそうです。

フィンガープリントによるユーザー識別は「推測」というプロセスを経ます。このため「どのくらいの精度で識別可能なのか?」という問題がありますが、明治大学理工学部の齋藤孝道氏は、「誤判定が少なく、サードパーティーCookieよりも精度が高いと感じている」と述べています。

また、フィンガープリントによる識別を避けるには匿名化を行うTorブラウザの利用が推奨されていますが、「Torブラウザであっても高い精度でユーザー識別が可能」という実験結果も齋藤氏によって示されました。ただしこの実験はサンプル数が少なく研究の初期段階であるとも注記されています。

◆04:フィンガープリントに代わり「コホート」で識別する方法
ユーザー個人を識別可能にするフィンガープリントとは異なり、近年になって注目を集めているのは、ユーザーを「コホート(集団)」として認識する方法です。特に広告プラットフォームであるGoogleはユーザーのプライバシーを侵害しない形でターゲティング広告を行う方法を模索しており、その中で「FLoC」というAPIを開発、テスト中です。ユーザーをコホートとしてとらえて、その興味関心を把握するFLoCについては、以下から読むことが可能です。

FLoCとは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

またFLoCの技術詳細については以下から読むことが可能です。

Googleの新しい広告システム「FLoC」はどのような仕組みで動作するのか? | GIGAZINE.BIZ

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

ARRとは何ですか?

ARRはAnnual Recurring Revenueの略語で、「年間経常収益」を意味します。

SaaSの多くは1カ月や1年という期間ごとのサブスクリプションサービスを提供しています。ARRは年間サブスクリプション契約に基づいて期待できる経常利益の額を示す指標です。類似の言葉にMRR(Monthly Recurring Revenue/月間経常利益)という言葉があり、いずれもSaaSビジネスが健全に成長しているかを確認するときに用いられます。

「ARRに何を含めるか」に決まりはありませんが、通常、初期費用や追加購入資金といった1回限りの料金はARRから除かれます。

ARRの計算式は、「年間のサブスクリプションコスト」+「アップグレードからの経常収益」-「キャンセルによる収益損失」となります。

SaaSとは何ですか?

SaaSは、Software as a Service(サービスとしてのソフトウェア)の略語です。

これまでソフトウェアはパッケージ販売されることが一般的でした。この場合、ユーザーは物理的なソフトウェアを自分のコンピューターにインストールし、稼働させます。一方でSaaSは提供側のコンピューターでソフトウェアを稼働させ、インターネットを通してユーザーにサービスが提供されます。これが「サービスとしてのソフトウェア」と呼ばれる理由です。

SaaSと似た言葉に「PaaS」「IaaS」というものがあります。PaaSはPlatform as a Service(サービスとしてのプラットフォーム)、IaaSはInfrastructure as a Service(サービスとしてのインフラストラクチャ)を意味します。

近年SaaSの数は増加していますが、なぜSaaSが人気を集めているのかという理由は以下から読むことができます。

CPFとは何ですか?

CPFは「Cost Per Follow」あるいは「Cost Per Fan」の略で、「ファン獲得のために発生した広告コスト」を意味します。Twitterではファン獲得を「フォロー」と呼ぶためCost Per Followと表現し、FacebookではCost Per Fan、LINEではCost Per Friendという言い方をします。

CPFは「発生した広告コスト」÷「新規フォロワー/ファン数」で求められます。

CPIとは何ですか?

CPIは「Cost per install(インストールあたりのコスト)」を意味する言葉です。

モバイルアプリの広告配信において、効果測定のためにはCPM(インプレッション単価)とともにCPIが非常に重要になります。

CPIは「広告費÷アプリのインストール総数」で求めることが可能。CPI課金のマーケティングキャンペーンでは一般的に、広告主は「アプリ広告を見た直後にアプリをインストールしたユーザー」に対し広告費を支払うので、コストが少なくて済むという点がメリットです。

・関連記事
CPMとは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

CPCとは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

eCPMとは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

15秒で作った醜いバナー広告がプロのバナー広告よりも高い効果を発揮したという実験結果 | GIGAZINE.BIZ

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

エンゲージメントとは何ですか?

デジタルマーケティングにおけるエンゲージメントは、コンテンツとユーザーの間に生まれるさまざまな相互作用を説明する、包括的な言葉です。オンライン広告における技術的標準規格を策定しているInteractive Advertising Bureau(IAB)は、エンゲージメントを「ブランドにポジティブなインパクトを及ぼす、認知・感情・身体的な広告経験または広告活動」と定義づけています(PDFファイル)

デジタルマーケティングの世界ではエンゲージメントという言葉が頻繁に利用されています。

TwitterやInstagramなどのマーケティングツールでも「エンゲージメント数」が表示されますが、エンゲージメントという概念自体は新しいものではありません。この「エンゲージメント」という概念は100年以上利用され続けている「AIDAモデル」にも登場します。 AIDAモデル は、人が広告を目にしてから商品を購入するまでの流れを説明するものです。

AIDAモデルでは、消費者が商品を購入するまでに「Attention(注意)」「Interest(関心)」「Desire(欲求)」「Action(行動)」という4つのステップを踏むと説明しており、このActionというステップで「エンゲージする(引き込む)」という言葉が使われました。

デジタル広告の場合、主に「ブランド側がクリックして欲しいものを消費者がクリックすること」がエンゲージメントと呼ばれます。消費者がコンテンツを見ることで、商品に対して「もっと知りたい」「買いたい」という興味・欲求が生まれ、クリックという行動に至るためです。

CROとは何ですか?

CROは「Conversion Rate Optimization」(コンバージョン率の最適化)を意味する言葉です。

コンバージョンは、ウェブサイトを訪れた人がウェブサイトが目標とする行動を達成することを意味します。例えば、通販サイトであれば「商品の購入」が最終的なコンバージョンの1つになります。そして、ウェブサイトを訪れた人のうち、コンバージョンを達成する人の割合を「コンバージョン率(CVR)」と呼びます。

ネットサービスを運営するウェブサイトや通販サイトはさまざまな方法でコンバージョン率を高める必要があり、このためのプロセスがCROです。

CROには段階があり、主に「コンバージョン率の追跡」「コンバージョン率を高める方法の仮説を立てる」「テストを行う」「結果を分析する」という流れで繰り返されます。

CROを理解する上で知っておくべき内容は以下から読むことが可能です。

CROと似た概念にSEO(検索エンジン最適化)があり、両者は重複する点もありますが、CROの改善を行うことが検索エンジンのアルゴリズムに悪影響を及ぼすこともあり、両者の目標が一致しないケースも存在します。

・関連記事
CVRとは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

CTAとは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

CTRとは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

CACとは何ですか?

CACは「Customer Acquisition Cost/顧客獲得単価」の略で、顧客1人を獲得するための費用を意味します。

このためCACの計算は「営業コスト+マーケティングコスト/期間内で獲得したユーザー数」で求められます。

たとえばある企業が1年間に営業とマーケティングに100ドル(約1万円)を費やし、その1年間に100人の顧客を獲得した場合、CACは1ドル(約100円)になります。

ただし、新しい事業や初期段階のSEOでマーケティングに費用を費やした場合、後々にならないと結果が出ないことがあるため、単純な計算では正しいCACが出ない場合があります。

またCACは単体で出すだけではあまり意味がなく、顧客生涯価値(CLV)との関係でCACの高低が判断されることになります。言い換えると、CACが1000円でも、「20年間毎週2500円の買い物をする顧客のCACが1000円」であることと、「1回きりの買い物をする顧客のCACが1000円」では意味が異なります。

なお、CACを始めとするSaaS運営に必要な各数値の計算式は、以下から読むことができます。

・関連記事
CPCとは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

CPMとは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

PPCとは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

CTAとは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

PIIとは何ですか?

PIIとは「Personally Identifiable Information(個人を識別可能な情報)」を意味する言葉、つまり個人情報を意味します。

法的な意味でいうと、PIIと個人情報(Personal Data)は定義が異なります。PIIは欧米において法的な定義がなく、より広範・一般的な言葉であるのに対し、個人情報はヨーロッパの法律およびGDPRで法的に定義されています。

・関連記事
GDPRとは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

広告ID(広告識別子)とは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

サードパーティーCookieとファーストパーティーCookieの違いは何ですか? | GIGAZINE.BIZ

以下の広告媒体資料のパスワードを入手するにはここをクリック


分かりづらい広告・アドテク・マーケティング用語の解説ページはここから

« 過去の記事 最新の投稿 »