一般的な記事広告のデメリットとメリット

一般的にいわれている記事広告のデメリット・メリットは以下の通りです。

デメリット

広告出稿料金が高額

記事広告は出稿するのに数十万~数百万円かかるケースが多いため、価格の低い商品では費用の回収が難しいといわれています。

広告掲載までに時間がかかる

一般的に記事広告は草稿が完成するまでに10日、最終稿が完成するまでにさらに10日かかるケースが多く、発注から掲載までに1カ月以上かかることも。

掲載メディアとのやり取りや原稿チェックに手間がかかる

多くの場合、記事広告を掲載するためには、事前打ち合わせ・商品やインタビュー対象の写真の準備・必要資料の準備・草稿のチェック・最終稿のチェックなどが必要になります。

メリット

第三者の客観的な視点で商品の深い情報を伝えられる

記事広告の最大の特長は、「製品を販売するメーカーやブランドが発信する情報」ではなく、「第三者の目を通した客観的な情報」を潜在的ユーザーに届けることができることです。

製品やサービス、お店などを選ぶ際に、人はブランドやメーカーが発信する情報以上に「口コミ」などの第三者からの評価を重視します。信用のあるメディアから「実際に使ってみた」というユーザー目線の情報が発信されることで、潜在的ユーザーは、購入を決断するための「気になるポイント」について知ることができ、また購入までの障壁となる「購入することへの不安」が払拭されます。

加えて、単純に、数千~数万文字に至る文章のほか、写真・動画などをふんだんに使えるため、伝達できる情報量が非常に多くなります。

メディアのブランド力・影響力・信用力を利用できる

記事広告を掲載するメディアが多くのユーザーを抱えており、知名度が高いほど、その知名度とユーザー数を利用して影響力のある広告を打つことができます。また、信用のあるメディアを利用すれば、知名度の低い製品でもその信用で裏付けることが可能です。

Googleなどの検索から定期的な自然流入が発生する

記事広告が「掲載期間が限定されている」ものか、「掲載期間が無期限」なのかも、出稿を決める上での大きなポイント。掲載期間が無期限のものはインターネット上に残り続けるため、検索エンジンからの評価が高いメディアであれば、オーガニック検索からの定期的な流入を十分に狙えます。

「特長を伝えるのが難しい商品」でも情報を伝えられる

豊富な写真と動画、そして記者による客観的かつ公平な一人称視点の解説により、その特長を最大限に伝えきることができます。

伝えるのが難しい「競合製品との違い」を伝えられる

記事広告は製品の背後にあるこだわり・工夫といった「ストーリー」を掘り下げることで真の価値はどこにあるのかを理解してもらうことが可能です。このため価格や見た目といった分かりやすい差異がなくとも、競合製品との違いをしっかりと伝えることができます。

……というわけで、実際にGIGAZINEで記事広告を発注して成果を出したい場合、まずは以下から広告資料を請求し、詳しい説明や料金などを見て検討してもらえれば大丈夫です。