セッション数とは何ですか?

セッション数は、特定の期間にウェブサイトで発生した一連の操作の回数のことを指し、「訪問数」とも呼ばれます。

セッション数と似た言葉に「ページビュー数」がありますが、1つのセッションはユーザーがウェブサイトを訪問した時の複数のページビュー、イベント、eコマースのやりとりなど、全ての動作を含みます。

また基本的に1つのセッションは「ユーザーが最後に操作してから30分」で途切れます。このため、朝に1回ウェブサイトを訪問し3つのページを閲覧した後、夜に同じウェブサイトを訪問し4つのページを閲覧した時のセッション数は「2」となります。

Googleは1つのセッションの終了を以下のように定義しています。

アナリティクスでのウェブ セッションの算出方法 – アナリティクス ヘルプ https://support.google.com/analytics/answer/2731565

時間による期限切れ:

・操作が行われない状態で 30 分経過後

・午前 0 時

キャンペーンの切り替わり:

・キャンペーン経由でサイトにアクセスして離脱した後、別のキャンペーン経由でサイトに戻ってきた場合。

Googleアナリティクスの場合、ウェブサイトのセッション数はホーム画面で確認できます。

セッション数はデジタルマーケティングにおいて、ウェブサイトやウェブページの人気度を測る1つの指標として用いられます。

セッション数と似た言葉である「ページビュー数」についてはここから、

同様に似た言葉である「ユニークユーザー数」についてはここから確認できます。